@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

残菊物語

デジタル大辞泉プラス

残菊物語
1963年公開の日本映画。監督:大庭秀雄原作村松梢風脚本依田義賢、撮影:厚田雄春。出演:市川猿之助岡田茉莉子嵐寛寿郎中村芳子津川雅彦、北上弥太朗、織田政雄ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残菊物語
1956年公開の日本映画。監督:島耕二、原作:村松梢風、脚色:依田義賢、撮影:長井信一、録音:海原幸夫。出演:長谷川一夫、淡島千景、阿井美千子、三田登喜子、中村玉緒、吉川満子、浪花千栄子ほか。第11回毎日映画コンクール録音賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残菊物語
1939年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:村松梢風、脚色:依田義賢、撮影:三木滋人。出演:花柳章太郎高田浩吉、伏見信子、森赫子梅村蓉子、志賀廼家弁慶ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざんぎくものがたり【残菊物語】
村松梢風短編小説、および同作を表題作とする小説集。作品は昭和12年(1937)9月、雑誌サンデー毎日増刊号に掲載。作品集は翌年刊行。梨園舞台に、歌舞伎俳優2代目尾上菊之助悲恋を描く。映像化作品も多く、昭和14年(1939)公開の溝口健二監督の映画が有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざんぎくものがたり【残菊物語】
戯曲。4幕8場。村松梢風原作,巌谷慎一脚本。1937年(昭和12)10月東京明治座初演。配役は尾上菊之助を花柳章太郎,お徳を水谷八重子,5世尾上菊五郎を喜多村緑郎実話をもとにした芸道物の一つで,《鶴八鶴次郎》とともに昭和新派の名作としての定評を得た。5世菊五郎の養子の菊之助と乳母お徳の悲恋が中心で,菊五郎の勘気にふれた菊之助はお徳とともに大阪で5年間の辛い生活を送る。お徳は愛する菊之助を世に出すため一身犠牲にして菊之助を東京の檜舞台へ復帰させる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

残菊物語
ざんぎくものがたり

新派戯曲。村松梢風(しょうふう)が1937年(昭和12)9月『サンデー毎日』増刊に発表した小説を巌谷(いわや)三一(慎一)が脚色。同年10月東京・明治座で、花柳(はなやぎ)章太郎(菊之助)、水谷八重子(お徳)、喜多村緑郎(きたむらろくろう)(5世菊五郎)らで初演。5世尾上(おのえ)菊五郎の養子菊之助は義弟(後の6世菊五郎)の乳母(うば)お徳と恋に落ち、養父に勘当されて大阪へ落ちる。5年後、辛苦のかいあって養父に呼び戻されるが、肺を病むお徳は身を引き、さらに2年後、養父とともに華々しく大阪に乗り込んできた菊之助に抱かれて息を引き取る。新派昭和期の代表的な純愛物。39年の溝口健二監督、花柳・森赫子(かくこ)主演の映画化は、日本映画史上の名作の一つに数えられている。近年では新脚色による上演も多い。

[土岐迪子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残菊物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

残菊物語の関連情報

関連キーワード

コーマン新藤兼人北九州(市)中平康森一生ロメール飯島耕一川島雄三シモンドン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation