@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

段ボール【ダンボール】

デジタル大辞泉

だん‐ボール【段ボール】
波状に成形した中心(なかしん)片面または両面厚紙をはり合わせた板紙包装にする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんボール【段ボール corrugated board】
波形に成形した中芯(なかしん)紙の片面または両面に段ボールライナー(平らな表板紙)をはった紙で,片面段ボール,両面段ボール,複両面段ボールがある(図参照)。段ボールで作った箱が段ボール箱であり,比較的安価で,国内のどこでも短い納期で大量に手配できることや,軽量であるにもかかわらず耐衝撃性,断熱性にすぐれて,組立てや開梱が容易にできることから,木箱に代わって包装資材の重要な地位を占めるようになった。段ボールが日本で初めて製造されたのは1909年であり,電球の包装や化粧瓶の保護に片面段ボールが使用され,段ボールの名称もそのときに生まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だんボール【段ボール】
波状にしたボール紙の両面または片面に平らなボール紙を貼った紙。箱などにする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

段ボール
だんぼーる
波形に成形した中芯(なかしん)原紙の片面または両面に段ボール用ライナーを張ったもの。片面、両面、複両面、複々両面の各段ボールなどがあり、また段の種類には段数によってA、B、CおよびE段などがある。組み立てて各種段ボール箱などに用いる。用途により個装、内装および外装用の段ボールなどに分類される。
 段ボールは1870年アメリカとドイツで発明された。これは波状鉄板やクリーニングで用いるしわ付けロールにヒントを得たのだといわれている。日本では約40年下って1909年(明治42)割れやすい電球の包装材料を求めていた三成社(レンゴーの前身)の井上貞治郎および吉田栄吉(豊進社)が輸入段ボールにヒントを得、手廻しロールで波型紙をつくり平らな紙に糊(のり)付けするのに苦心しながら製作したのが始まりという。
 段ボールの中芯用原紙は強度の順にA、BおよびCの三階級に分かれ、いずれも坪(つぼ)量125グラム/平方メートルの板紙に抄(す)かれる。かつて中芯用原紙としては、〔1〕中性亜硫酸セミケミカル法で木材チップから得られたパルプを主原料とした強度の強いパルプ芯、〔2〕藁(わら)パルプと古紙の再生パルプを主原料とする黄芯、〔3〕古紙の再生パルプから得られる特芯が規定されていたが、現在では3種は統合され、性能(強度)で分類される。一般にチップ芯は長網(ながあみ)抄紙機で抄かれ、他は円網(まるあみ)抄紙機で抄かれる。
 段ボール用ライナーも強度の順にA、BおよびCに分けられ、用途別に外装用ライナーと内装用ライナーおよびその他ライナーがあり、外装用ライナーはとくに大きな強さが求められる。段ボール用ライナーの厚みは坪量180~340グラム/平方メートルで、中芯原紙に比べるとはるかに厚く、また強度も圧縮強さが同等である以外は、いずれもより大きな強さが要求される。未晒(みさらし)クラフトパルプのみで抄紙したものをパルプライナーとよび、強度が強い。また、未晒クラフトパルプと古紙の再生パルプとを原料として抄紙したものをジュートライナーとよぶ。通常、前者は長網抄紙機またはインバーフォームマシンで抄紙し、後者は円網抄紙機またはインバーフォームマシンで抄紙する。段ボールのA、B、CおよびE段は段数を規定するが、その順序は一部不同で、30センチメートル当りA段は34段、B段は50段、C段は40段で、E段は94段が標準段数である。なお個装用の段ボールはおもに使用者の手元に渡る最小単位の物品を包装するための段ボール箱に、外装用ダンボールはおもに輸送用に用いる段ボール箱に、内装用の段ボールは個装をまとめ、それを保護するのに用いる段ボール箱用に、それぞれ用いられる。
 第二次世界大戦後、木材とくに針葉樹資源の枯渇による箱材の不足と、産業界からの包装の合理化の要請により段ボール箱の普及は著しく、輸送用の箱は木箱にとってかわった。そのほか空き箱の再利用や使えなくなった箱からのパルプおよび紙の再生が可能なことなどから、段ボールとその原紙の生産の伸びは経済成長に支えられ目覚ましいものがあった。[御田昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐ボール【段ボール】
〘名〙 (ボールはboard から。→「ボールがみ(━紙)」の語誌)
① 波状に成形した中心(なかしん)紙の片面または両面に平らな厚紙を貼り合わせて作った板紙。多く、箱などにする。
※生々流転(1939)〈岡本かの子〉「その上にそっと褐色の段ボール紙を戴せます」
② ①でつくった箱。段ボール箱。
※不意の声(1968)〈河野多恵子〉「ピアノの前にいた先生がそのあとへ二つの空のダンボールを置こうとしているのだが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

段ボール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

段ボールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation