@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

段丘【だんきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

段丘
だんきゅう
terrace
表面が平坦で,周囲が急斜面や急で限られた段状の地形海岸段丘河岸段丘湖岸段丘などに分けられる。また厚い堆積物から成るものを堆積段丘段丘面浸食面であるものを浸食段丘と呼ぶ。さらに構成物の差から砂礫段丘岩石段丘成因から気候段丘,構造段丘,火山段丘などにも分類される。これは第四紀の気候海面変化地殻運動,地形発達史などの研究に重要な資料を提供する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だん‐きゅう〔‐キウ〕【段丘】
河岸や海岸または湖岸に沿って平坦面と急崖(きゅうがい)が階段状に配列している地形。土地の相対的隆起を示すものと考えられ、成因や分布から、河岸段丘海岸段丘などに区分する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんきゅう【段丘 terrace】
河川,海,湖に沿って,あるいは谷筋に沿って分布する階段上の地形。ほぼ水平で平たんな地表面(段丘面)とその前方あるいは背後の急傾斜な崖(段丘崖)からなる。〈台地〉とほぼ同様な地形をさすが,台地が〈低地〉に対立する語として用いられ,その階段状の平たんな地形を構成する地層地質のいかんによらないのに対して,段丘は過去の水面(河川,海,湖など)に関連して水中で形成された平たん面がその後に離水した地形をさし河岸段丘海岸段丘,湖岸段丘lacustrine terraceなどに区分される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

段丘
だんきゅう

川、湖、海などに面して、急崖(きゅうがい)とその上の平坦(へいたん)面からなる階段状の地形。平坦面は段丘面、崖(がけ)は段丘崖とよばれる。段丘面はかつての河成平野、湖岸平野、海岸平野などのような低地の一部なので、その構成物質(段丘堆積(たいせき)物)から、低地が形成された当時の古環境や形成時代を知ることができる。

 段丘面はその分布する場所によって、河岸段丘、湖岸段丘、海岸段丘とよばれる。段丘面の成因を重視する場合は、河成段丘、湖成段丘、海成段丘とよぶ。波による侵食によって段丘面背後の段丘崖が生じた湖成段丘や海成段丘の段丘崖の平面形は直線的である。急流の石川(礫床(れきしょう)河川)がつくった河成段丘の段丘崖の平面形も比較的直線的であるが、緩勾配(かんこうばい)の砂川(砂床河川)がつくった段丘崖は、川の蛇行(だこう)を反映して、平面的に湾曲した形状を示す。段丘には以上のもののほかに、火山砕屑物(さいせつぶつ)や溶岩などの火山噴出物あるいは崩壊、地すべり、土石流堆積物などが段丘状の地形として川沿いに残されたものがある。なお、幅広くて周囲が崖になっている段丘は台地とよばれる。

 低地が段丘化するためには、海面や湖面や河床が相対的に低下する必要がある。海面の低下は、気候変化による氷河性海水準変動(海面変化)による海面低下と陸地の隆起によって生ずる。河床低下は、下流では海面低下に伴って生ずるが、上流では隆起し続けている山地を流れる川で継続的に生じている下刻(かこく)に加えて、気候変化、火山活動、大規模な山地崩壊などによって上流山地からの砂礫供給量や流水量が変化することによって生ずる。なお、長期間にわたって残っている段丘の多くは、段丘崖の基部が強い岩石からなるために侵食から保護された段丘(岩石保護段丘)であることが多い。

[池田 宏]

『太田陽子著『日本列島の海成段丘と活断層の調査から』(1999・古今書院)』『小池一之・町田洋編『日本の海成段丘アトラス』(2001・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐きゅう ‥キウ【段丘】
〘名〙 表面が平らで、川、湖、海などに面している急崖(きゅうがい)をもつ階段状の地形。河岸にできるものを河岸段丘、海岸にできるものを海岸段丘という。成因によって構造段丘または変動段丘と、構造段丘以外の非構造段丘に、また、構成物質によって砂礫(されき)段丘や岩石段丘などに分けられる。
※福寿草(1937)〈大鹿卓〉「二人は林をぬけて限りなくうちつづいてゐる段丘の崖のうへへでた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

段丘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

段丘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation