@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

段塔【だんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

段塔
だんとう
plate column; tray tower
熱移動や物質移動を異相間で行わせる目的で,両相の良好な接触をはかる棚段を数多く設けた代表的接触装置である。棚段塔ともいう。蒸留精留塔ガス吸収吸収塔として用いられる。最も普通に使われる段塔は泡鐘塔 (ほうしょうとう) で,段板を泡鐘段といい,各段板に短い円筒形の蒸気上昇を設け,その上に帽子をかぶせてある。この孔を通って上昇する蒸気は,帽子の縁の鋸歯状スロットから気泡となって液相を通過するとき接触が行われる。ほかに多孔板塔があり,これは各段板が,単に有孔板や金網でできているもので,構造が簡単で性能がよく,空気分離などに使う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

段塔
ダントウ
plate column

塔内を多くの段板で区切った塔の総称で,蒸留や吸収,抽出などの気-液あるいは液-液相の接触操作を階段的に行わせる装置.異相間の熱または物質移動による相互の良好な接触を目的としている.構造は大別して,
(1)下降管を有していて,連続相と分散相とが十字流接触するものと,
(2)下降管がなく,段板に比較的大きい多数個の孔などを有し,連続相,分散相とも孔を通して上,下段に流れ,向流接触するものとがある.
(1)の例としては,多孔板塔泡鐘塔などがあり,(2)の例としては,ターボグリッドトレイやリップルトレイなどがある.[別用語参照]十字流接触操作向流接触操作

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

段塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

段塔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation