@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

段物【だんもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

段物
だんもの
日本音楽の用語。構成のある楽曲の分類名称。種目によって内容が異なる。 (1) 箏曲 原則としていくつかの段から構成される器楽曲をいう。別に「調物 (しらべもの) 」「段調子 (だんしらべ) 」ともいい,流儀,楽曲によっては「…段菅垣 (だんすががき) 」という曲名で呼んだこともある。教習上は,「組歌」の組織に付随したので,「付物 (つけもの) 」の一つにも含められる。段物に属する曲の各段は,52拍子 (104拍) であることを原則とするが,各曲ともその初段には導入的部分 (これを「換頭〈かんどう〉」ということもあるが適当ではない) があって,結果的には2拍子 (『八段の調』は3拍子) だけ多いことになる。また,『輪舌 (みだれりんぜつ。みだれともいう) 』という曲は,例外的に各段の拍も不定で,段の区切り方や段数も流派によって一定しない。現行曲は,『五段の調』 (北島または生田検校作曲。別に富野勾当説も) ,『六段の調』 (八橋検校作曲。別に北島検校作曲説も) ,『七段の調』 (作曲者未詳。安村検校作曲説も) ,『八段の調』 (八橋検校作曲。別に倉橋検校作曲説も) ,『九段の調』 (作曲者未詳。北島検校作曲説) ,『雲井九段』 (三橋検校作曲) ,『乱輪舌』 (八橋検校作曲。倉橋検校作曲説も) 。それぞれ,替手や三弦の旋律も補作されていて合奏されるが,替手は流派による異同がある。また,「段合せ」のような特殊な演奏形式もある。 (2) 浄瑠璃 各曲のうちでそれぞれその有名な段または特殊な段だけを抜出して集めた浄瑠璃本を「段物集」といい,そこに集められているものを「段物」という。また,豊後系の浄瑠璃では,義太夫節の一部をとったものを「段物」といい,転じて抒情的性格の強い「端物 (はもの) 」に対して,劇的構成の性格の強いものを「段物」という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だん‐もの【段物】
で、1曲の中心となるどころ・舞いどころ囃子(はやし)どころのうち、クセ狂いなどのような定型に属さないもの。「熊野(ゆや)」の文(ふみ)の段など。
浄瑠璃で、各段のうちの有名または特殊な一段。道行(みちゆき)景事(けいごと)などを集めたものを「段物集」という。
常磐津(ときわず)新内などで、義太夫節の一段または一部を借りて語る曲。⇔端物(はもの)
常磐津・清元長唄などで、語り物的な、または劇的構成をもった長編の曲。また、それを地とする舞踊。⇔端物
箏曲(そうきょく)で、1曲が数段で構成されている器楽曲。また、その形式。「六段」「八段」など。調べ物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

段物
錦鯉の飼育用語のひとつ。「紅白」種で、緋盤(赤い模様)が2段から5、6段のまとまった段になっているものをさす。それぞれ「二段紅白」「三段紅白」…のように、段の数に従った名で呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんもの【段物】
日本音楽の分類名称。段構造をもつ曲目総称するときに用いられるが,種目によって規定するところが異なる。(1)能では,仕舞,囃子などで独立して上演されることがある〈……ノ段〉と呼ばれる特定の段歌の部分を総称するときにいうことがある。(2)浄瑠璃では,独立して上演されることが多い特定の段の総称としても用いる。また,井上播磨掾以来,聴かせどころだけを抜き出した正本を,とくに〈段物集〉といい,その序跋が,一種の芸術論をなすことが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だんもの【段物】
能の一曲中の聞かせ所・見せ所とされる部分で、類型的形式に該当せず、「何々の段」と呼ばれるもの。「熊野ゆや」の「文ふみの段」、「小督こごう」の「駒の段」など。
箏曲の曲種の一。歌のない器楽曲で、拍子数が一定(五二拍子)した数段よりなる曲。「六段」「八段」など。調物しらべもの
豊後節系統の浄瑠璃(特に新内節)の曲種分類の一。義太夫節の曲を摂取した、劇的性格の強い曲。 ⇔ 端物はもの
日本舞踊で、長唄・常磐津・清元などによる本格的な舞踊。 ⇔ 端物

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

段物
だんもの
日本音楽の楽曲分類名称。原則として段構成をもつ楽曲群の総称として用いられるが、種目によってその用法が異なる。(1)能では『熊野(ゆや)』の「文ノ段」、『海士(あま)』の「玉ノ段」などのように、一曲のなかで特定の段名称をもつ段歌の総称として用いられることがある。これらはその曲のなかで眼目となる部分であり、独立性が強く、仕舞や囃子(はやし)、あるいは独吟・連吟などとして単独で上演されることも多い。(2)箏曲(そうきょく)では、箏組歌の伝承教習上、付物(つけもの)として扱われてきた器楽曲のうち、『六段』『八段』『乱輪舌(みだれりんぜつ)』などの段構造をもつ曲の総称として用いられる。これらは流儀によって『六段すががき』『八段の調(しらべ)』と称するので「すががき物」「調物(しらべもの)」ともいわれる。各曲とも、原則として初段の冒頭部を除き、各段が52拍子(104拍)で構成されて、「段合せ」「段返し」などの演奏が可能である。ただし、『乱輪舌』は『十段の調』または『十二段すががき』ともいわれ、各段の拍子が一定でなく、流儀によって段のくぎりに相違がみられる。段物は、箏独奏曲としてだけでなく、成立当初から三味線・一節切(ひとよぎり)の独奏曲、それら3種の合奏曲として奏され、同時に各種の替手も作曲された。(3)浄瑠璃(じょうるり)では、道行(みちゆき)・景事(けいごと)などの聞かせどころとなる特定の段をさし、その段だけの上演もよく行われる。詞章全般を収めた正本(しょうほん)・院本(まるほん)に対し、段物のみ収めたものを「段物集」といい、その序跋(じょばつ)は一種の芸術論をなすことが多い。(4)豊後(ぶんご)系浄瑠璃では、かならずしも明確な段構造をもつわけではないが、義太夫(ぎだゆう)節などの詞章や曲節を一部借用したものをさすことがある。また叙情的傾向の強い「端物(はもの)」に対して、劇的性格の濃い長編の曲を「段物」とも称する。後者の用法は長唄(ながうた)や端唄(はうた)などにも転用され、『勧進帳(かんじんちょう)』なども段物として扱われる。なお、こうした楽曲を地とする舞踊においては、浄瑠璃所作事すべてを段物という場合がある。(5)琵琶(びわ)楽では、「端歌物」に対して段構造をもつ大曲を段物という。筑前(ちくぜん)琵琶の『七騎落』、薩摩(さつま)琵琶の『敦盛(あつもり)』など。[谷垣内和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐もの【段物】
〘名〙
① 能楽で、それだけでまとまっていて、一曲の中で中心となる謡の一段。謡(うたい)どころ、舞どころ、囃子(はやし)どころとなる一段のうち、クセ・狂いなどのような定型に属さないもの。「玉の段」「鵜の段」「鐘の段」など。
② 浄瑠璃で、各段のうちの節まわしのおもしろい有名な一段。道行(みちゆき)、景事(けいごと)などから選ぶ。
※竹豊故事(1756)下「京大坂の芝居に野呂間麁呂間麁呂七麦間等と名を付道外たる詞色をなし、浄るり段物の間の狂言をなしたり」
③ 常磐津節や新内節などで、義太夫節から借りて語る曲のこと。
④ 常磐津・清元・長唄などで、詞(ことば)のある劇的な長編の曲(常磐津や清元の「山姥」など、長唄の「勧進帳」など)をいう。抒情的な短編の曲(常磐津「船頭」・清元「神田祭」・長唄「越後獅子」など)を端(は)物というのに対する。
⑤ 日本舞踊で、劇場用の長唄、常磐津、清元などを地の音楽とし、劇的構成を持つ踊り。また、その楽曲。
⑥ 箏曲で、数段で構成されている器楽曲。また、その形式。「六段」「八段」など。調物(しらべもの)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

段物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

段物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation