@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

殺人【サツジン】

デジタル大辞泉

さつ‐じん【殺人】
人を殺すこと。「殺人を犯す」「尊属殺人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さつじん【殺人】
宗教上あるいは組織や制度を維持するために殺が正当化されることは,いつの時代でもどのような社会でもむしろ一般的であった。国家権力背景とした法体系化では殺人罪が規定されているが,国家的法組織をもたない社会における殺人は,それを正当化する判断基準が,多くの場合われわれの社会とは異なっているのである。その理由として呪術・宗教的解釈が法的領域に大きな位置を占めていることが挙げられよう。部族社会においては,枢要な価値は〈神聖なるもの〉として社会成員に表象される場合が多く,〈神聖侵犯〉とされた行為が社会の側からもっとも激しいサンクションを受けることになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さつ‐じん【殺人】
〘名〙 人を殺すこと。人ごろし。
※続日本紀‐和銅元年(708)正月乙巳「其犯八虐、故殺人、謀殺人已殺」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「盗賊殺人は人間の一大悪事なれども」 〔春秋左伝‐襄公五年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殺人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

殺人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation