@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

殻斗【かくと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

殻斗
かくと
cupule
包葉が集り,癒合して形成する状あるいはまり状の器官をいう。いわゆる「どんぐり」の椀,クリいが burなどがそれで,ブナ科植物にみられる。この殻斗に抱かれて生した果実を殻斗果 acornという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐と【殻斗】
ナラクヌギシイクリなどブナ科植物の、実の一部または全部を覆う椀(わん)・まり状のもの。ドングリのお椀、クリのいがなどで、総苞(そうほう)の変形したもの。これをもつ果実を殻斗果、ブナ科を殻斗科ともいった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくと【殻斗】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくと【殻斗】
ブナ科植物の子房を包んでいる苞葉の集まり。袋状や椀状で、堅果の基部または全体を覆う。俗にいうドングリのお椀・はかま。クリの毬いがもこの一種。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐と【殻斗】
〘名〙 クヌギ、カシ、ナラなど、ブナ科植物の果実をつつむ、コップ状、あるいは、球形の器官。雌花の苞葉(ほうよう)が融合して形成されたもの。どんぐりのおわん、クリのいがなど。
※植学訳筌(1874)〈小野・田中・久保〉「Cupule 殻斗」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殻斗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

殻斗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation