@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

母乳性黄疸【ぼにゅうせいおうだん】

家庭医学館

ぼにゅうせいおうだん【母乳性黄疸 Mother's Milk Jaundice】
[どんな病気か]
 母乳栄養成熟児の約10~15%にみられる遷延性(せんえんせい)黄疸で、非閉塞型(ひへいそくがた)黄疸です。
 生後4~7日ごろから黄疸が増強し、2~3週でピークに達した後も高間接型(こうかんせつがた)ビリルビン血症(けっしょう)が持続し、2~3か月で消失します。血中(けっちゅう)の総ビリルビン値は1dℓ中20mg以上に達することがあります。ただし、身体的発育発達は正常で、核黄疸(かくおうだん)(「核黄疸」)を示す所見もありません。
 母乳栄養以外に遷延性黄疸の原因がないことを確認するため、母乳を一時的(2~3日間)に人工乳に変更します。すると血中のビリルビン値が減少しますが、その後、母乳を再開してもビリルビン値は再上昇しません。それを確認して判定されます。
 母乳性黄疸は良性の黄疸で、核黄疸へ進展する例はありません。重要なのは、母乳栄養児の遷延性黄疸をすぐに母乳性黄疸と決めつけず、きちんと診察を受け、経過観察することです。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

母乳性黄疸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

母乳性黄疸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation