@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

毒作用【ドクサヨウ】

化学辞典 第2版

毒作用
ドクサヨウ
poisoning

被毒ともいう.触媒表面と強く結合する分子種の立体障害あるいは電子的相互作用により反応速度が低下する現象.触媒側からみて被毒とよんでいる.反応系に混入している不純物などの触媒毒の作用のほか,反応分子自身またはその解離生成物,あるいは生成分子による自己被毒がある.被毒には,アンモニア合成触媒に対する水蒸気のように,乾いた反応気体による洗い流しなどの比較的穏やかな処理によって触媒活性が回復する一時被毒と,回復不可能な永久被毒に分かれる.毒作用は触媒および反応系について選択的であるが,その量的表現には触媒毒物質の濃度cのときの反応速度定数kc を,

kck0(1 - αc)

とし,毒性係数αを用いる.k0 は被毒がないときの速度定数であり,この式はcの小さいときに広く成立する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毒作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毒作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation