@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

毒牙【どくが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

毒牙
どくが
poison fang
毒液を注入するための状ので,爬虫類のうち毒ヘビ類とドクトカゲ科のトカゲに特有。上顎骨に左右1対あり,それぞれ毒腺に連絡している。毒液通路が溝状で溝牙を形成するものと,溝縁が閉じて管状になり管牙になっているものとがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どく‐が【毒牙】
毒蛇などの、毒液を出す牙(きば)。
邪悪なたくらみ。あくどい手段。毒手(どくしゅ)。「悪徳業者の毒牙にかかる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どくが【毒牙 venom fang】
有毒のヘビ・トカゲ類にみられる大型のとがった歯で,注射針のような管状のきばと,溝を備えたきばがある。いずれも獲物の体につきたてられたとき,その管や溝を通じて毒液が注入される。最も発達した毒牙はクサリヘビ科のヘビ類(クサリヘビ,マムシハブガラガラヘビなど)にみられる管牙である。注射針状のこの毒牙は左右の上顎(じようがく)骨に1対生えていて,毒腺からの管とつながっている。また,コブラ科,ウミヘビ科のヘビ類では上顎骨の前方に1対の溝を備えた毒牙(溝牙)が存在し,毒腺と管でつながっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

毒牙
どくが

爬虫類(はちゅうるい)の毒ヘビやドクトカゲに特有な大きく鋭い歯で、これにより毒を敵の体内に注入する。毒ヘビでは上顎骨(じょうがくこつ)に左右1本ずつ毒牙があり、普段は口の中で後方に倒れているが、口を開くと自動的に立ち上がる。この牙(きば)は上端が毒腺(どくせん)と連絡していて、分泌された毒液はその前面を縦走する溝、または溝が閉じた管の中を流れて、先端から敵に注ぎ込まれる。溝のある牙は溝牙(こうが)(ウミヘビやコブラの毒牙)、管のある牙は管牙(かんが)(マムシやガラガラヘビの毒牙)とよばれる。また、ドクトカゲの牙は下顎にあり、前後両面に溝のある溝牙である。

[内堀雅行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どく‐が【毒牙】
〘名〙
① 毒液を分泌するきば。毒蛇などのきば。どくげ。
※琵琶伝(1896)〈泉鏡花〉三「犬の毒牙(ドクガ)にかかれるならずや」
② (転じて) 悪辣(あくらつ)な手段。毒手。
※こがね丸(1891)〈巖谷小波〉一六回「爾(なんぢ)が毒牙(ドクガ)にかかり、非業にも最期をとげたる月丸が遺児(わすれがたみ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毒牙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毒牙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation