@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

比翼【ひよく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

比翼
ひよく
比翼仕立のこと。 (1) 和服襲物 (かさねもの) の仕立て方の一種。表に見える部分 (袖口回し) だけを重ね着に見えるように,別布で上着につけて仕立てる方法。人形仕立ともいう。 (2) 洋服の前打合せの仕立て方の一種。上前のを2重につくり,その間にボタンを通して留めるため,表からボタンが見えないようになっている。一般にオーバーコートレインコートマントジャケットなどに用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひ‐よく【比翼】
比翼の鳥」の
比翼仕立て」の略。
比翼紋」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひよく【比翼】
二羽の鳥が互いにそのつばさを並べること。
「比翼の鳥」の略。
「比翼仕立て」の略。
「比翼紋」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐よく【比翼】
〘名〙
① 「ひよく(比翼)の鳥」の略。
※将門記承徳三年点(1099)「将門に睦びて、芳操(さう)を花夷に通じ、比翼(ヒヨク)を国家に流(つたへ)むと」
② 衣服の縁の表に見える部分だけを重ね着のようにして、中は一枚にしたもの。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「あひ着はずっと茶返しの比翼(ヒヨク)で緋縮緬の繻絆」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)道行「ふたりしっぽり抱柏、返事菊蝶ひよくにぬはせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比翼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

比翼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation