@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

比較心理学【ひかくしんりがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

比較心理学
ひかくしんりがく
comparative psychology
ウイルスや植物から人間にいたるまで種々の生物行動を,その相違類似,または近縁性の観点から比較研究する心理学の一部門。この名称は 17世紀以来発展してきた比較解剖学や 18世紀以来の比較生理学にならったものであるが,それが取扱う範囲は次第に広くなり,現在では広義には,(1) 動植物の行動をその系統発生個体発生の観点から比較検討する研究 (動物・植物心理学) ,(2) 子供の精神的発達段階を比較する研究 (発達心理学 ) ,(3) 種々な人種,民族の精神構造を比較する研究 (民族心理学 ) ,(4) 個体間の差異を問題にする研究 (差異心理学 ) ,(5) 健常者と精神障害者との精神構造を比較する研究,(6) 一連の動物種を通じてみられる行動の進化を問題とする研究 (発生心理学) などが含まれ,その領域はほかの心理学部門と重複している。狭義には,動物心理学とほとんど同義に用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひかく‐しんりがく【比較心理学】
人種間、男女間、正常者と異常者、社会的階級間、個人の発達段階における行動を比較研究する心理学の一部門。
人間と種々の動物の行動を比較研究する心理学の一部門。狭義には、動物心理学と同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

比較心理学
ひかくしんりがく
comparative psychology

人および動物の種差、発達段階、個体差、正常・異常などについて行動の比較研究を行う学問。広義には一般心理学general psychologyに対し、発達心理学genetic or developmental psychology、人種心理学racial psychology、民族心理学folkspsychology、異常心理学abnormal psychologyなどもさすが、慣用は狭義で、動物心理学を意味する。

[小川 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひかく‐しんりがく【比較心理学】
〘名〙 すべて違った人間またはグループなどの心理を比較して研究する学問。人間と種々の動物の心理の比較、正常な人間と異常者・犯罪者の心理の比較、人種間の比較、男女両性間の比較、社会階級間の比較、発達段階による心理の比較などを研究する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比較心理学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

比較心理学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation