@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

毘沙門天【びしゃもんてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

毘沙門天
びしゃもんてん
Vaiśravaṇa
仏像の四天王の1つで,北方守護神。四天王がそろっているときは多聞天といい,独尊のものを毘沙門天という。インド神話のクベーラ仏教に取入れられたもの。須弥山の第4階層に住し,可畏,天敬,衆帰の3城の城主密教では十二天の1つ。形像は普通武将の姿で,2鬼を踏み,忿怒相をとり七宝荘厳甲冑を着用する。片手に宝叉,片手に宝塔を持つ。四天王像としては法隆寺金堂の『多聞天像』が古く,単独では鞍馬寺本堂の『毘沙門天像』 (平安時代後期) ,高知雪蹊寺の『毘沙門天像』 (湛慶作,鎌倉時代) などが著名。日本の民間信仰では七福神の1つでもあり,福徳を司る神として広く信仰されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

びしゃもん‐てん【毘沙門天】
《〈Vaiśravaṇaの音写。多聞と訳す》仏法守護の神。四天王十二天の一。須弥山(しゅみせん)の第4層中腹北側に住し、北方世界を守護。黄色の身で忿怒(ふんぬ)の相をし、甲冑(かっちゅう)を着け、左手に宝塔を捧げ、右手または宝棒を持つ。財宝を施す神として施天ともいわれる。日本では七福神の一とする。多聞天。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

毘沙門天 びしゃもんてん
仏教の守護神。
四天王の一神で,北方の世界を守護する。一般に右手に宝棒,左手に宝塔をもつ姿であらわされ,七福神のひとつとなる。多聞天(たもんてん)ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

びしゃもんてん【毘沙門天】
サンスクリット名Vaiśravaṇaを写したもので多聞天とも訳す。古代インド神話中のクベラ(Kuvera,俱尾羅)が仏教にとり入れられた。拘毘羅(くびら)毘沙門と称されることもある。四天王の一尊として北方をつかさどり,また財宝富貴をも守るといわれる。密教においては十二天の一尊であり,やはり北方に位置される。形像は,甲冑を着る武神像で,左手の掌上に宝塔をのせ,右手に宝棒を持ち2邪鬼の上に乗る姿が一般的である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

びしゃもんてん【毘沙門天】
Vaiśravana 四天王・十二天の一。須弥山中腹の北側に住し、夜叉やしやを率いて北方を守護する神。日本では福や財をもたらす神としても信仰され、七福神の一人とされる。仏法を守護し、福徳を授ける。もとはヒンズー教の神。多聞天。毘沙門。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

毘沙門天
びしゃもんてん
仏教の護法神。サンスクリット語バイシュラバナVairavanaを吠室末拏などと音写し、転じて毘沙門天となる。多聞(たもん)天、遍聞(へんもん)天とも称する。インドのベーダ時代からの神で、ヒンドゥー教ではクベーラkuberaの異名をもつ。もとは暗黒界の悪霊の主であったが、ヒンドゥー教では財宝、福徳をつかさどる神となり、夜叉(やしゃ)、羅刹(らせつ)を率い、帝釈(たいしゃく)天に属して北方を守護する神とされていた。仏教では四天王の一尊で須弥山(しゅみせん)の北方に住し、多数の夜叉を眷属(けんぞく)として閻浮提(えんぶだい)州の北方を守る護法の善神とされた。その形像は甲冑(かっちゅう)を身に着け、憤怒(ふんぬ)の相をし、左手に宝塔を捧(ささ)げ、右手に宝棒または鉾(ほこ)を執(と)り、二夜叉(鬼)の上に座る。また十二天の一とされるが、わが国では単独としても古来から信仰された。信貴山(しぎさん)(朝護孫子寺(ちょうごそんしじ))では毘沙門天を本尊としており、楠木正成(くすのきまさしげ)はその申し子として幼名を多聞丸と称するなど、武将の信仰が厚かった。また平安時代には、王城鎮護のため北方に建てられた鞍馬(くらま)寺に左手をかざした毘沙門天像を安置したり、さらに東寺(教王護国寺)の兜跋(とばつ)毘沙門天像のように密教において特別の彫像も現れるに至った。後世、武将形のまま七福神の一つに数えられ、福徳を授ける神として民間に信仰された。[江口正尊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びしゃもん‐てん【毘沙門天】
(「びしゃもんでん」とも) 仏語。四天王・十二天の一つ。須彌山(しゅみせん)の中腹にあって、北方を守護し、多くの夜叉(やしゃ)・羅刹(らせつ)を統率するとともに、仏法を守護し、福徳を授ける善神。その形像は怒りの相を表わし、甲冑を着け、片手に宝塔、片手に宝棒また戟を持つ。わが国では七福神の一つとする。毘沙門天王。多聞天(たもんてん)。北方天。毘沙門。
※今昔(1120頃か)六「願はくは、大師、毗沙門天を請じ奉り給て、此の難を救ひ給へと」 〔経律異相‐二二〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毘沙門天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毘沙門天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation