@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

毛利元徳【もうり もとのり】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

毛利元徳 もうり-もとのり
1839-1896 明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)10年9月22日生まれ。毛利広鎮(ひろしげ)の10男。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩主毛利敬親(たかちか)の養子となり,主の名代として尊攘(そんじょう)運動に従事。明治2年家督をついで周防山口藩主毛利家2代(14代萩藩主)となった。のち公爵,貴族院議員。明治29年12月23日死去。58歳。初名は広封。(おくりな)は忠愛公。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

もうりもとのり【毛利元徳】
1839‐96(天保10‐明治29)
長州藩世子,山口藩知事。支藩徳山藩に生まれ長州藩主毛利敬親の養子となる。騄尉,広封,定広と名のり,長門守を称した。諡(おくりな)は忠愛公。幕末政争に敬親とともに活躍し,1864年(元治1)の禁門の変に兵を率いて上京したが,敗戦を聞いて途中から帰国した。68年(明治1)新政府の議定となり,翌年家督を継いで山口藩知事となり,第十五銀行頭取なども務めた。【井上 勝生】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

毛利元徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毛利元徳の関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)トムソン(Sir Joseph John Thomson)島津源蔵内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation