@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

毛抜【けぬき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

毛抜
けぬき
歌舞伎十八番の一つ。時代物。寛保2 (1742) 年大坂大西芝居初演の『雷神不動北山桜 (なるかみふどうきたやまざくら) 』の3段目「小野の館」の独立したもの。津打半十郎安田蛙文中田万助合作。家老八剣玄蕃が,天井に磁石を忍ばせておき,姫には髪の毛が逆立つ奇病があると吹聴してお家横領をたくらむが,姫の輿入れ催促に来た粂寺弾正が,毛抜が立つことから見破り,婚儀をととのえるという筋立て。『鳴神』の前編にあたる。また,この主人公が劇中しばしば見物客に話しかけたりする古風さが特徴。幕末以来上演が絶えていたのを,2世市川左団次が 1909年9月明治座において復活した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛抜
けぬき
髪,ひげ,鼻毛,とげなどをはさんで抜く用具。古くかみそりは僧具として渡来したため,一般に使用を忌み,女性・子供の眉毛,幼児の産毛を剃り,元服時に髪を剃り上げるのにも,すべて毛抜が用いられた。『枕草子』の「ありがたきもの」のに「ものよく抜くる白がねの毛ぬき」などとある。鎌倉時代には髪を抜く風習が盛んとなり,木鑷 (げっしき) と称する木製の鋏様のもので額のきわの毛を抜いた。江戸時代になると,ひげをたくわえ整える風習が生れ,書院のたばこ盆に毛抜を備えることが慣習となった。これを「書院毛抜」と称する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けぬき【毛抜】[歌舞伎]
歌舞伎十八番の一。安田蛙文(やすだあぶん)ほかの合作。寛保2年(1742)大坂佐渡島(さどしま)座で初演の「雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまざくら)」の3幕目が独立したもの。小野家のの前の髪が逆立つ奇病を、粂寺弾正は毛抜きがひとりでに立つのを見て磁石の仕掛けと見破り、お家騒動を収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けぬき【毛抜】
けぬき)》とも書く。歌舞伎狂言。時代物。1幕。歌舞伎十八番の一つ。津打半十郎,安田蛙文らの合作。1742年(寛保2)1月大坂佐渡嶋座の《雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまざくら)》で,これ以前に上演されていた《不動(ふどう)》《鳴神(なるかみ)》とともに演じたのが初演。粂寺弾正を2世市川海老蔵(2世団十郎)が演じた。小野春道の息女錦の前は文屋豊秀の許嫁だったが,病気を理由に輿入れを延ばしているので,豊秀の臣粂寺弾正が催促のため春道の館へ使者に立つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けぬき【毛抜】
歌舞伎十八番の一。安田蛙文・中田万助らの合作。1742年初演。「雷神不動北山桜なるかみふどうきたやまざくら」の三幕目が独立したもの。粂寺弾正が小野家の姫の髪が逆立つ奇病を、毛抜きが自然に立つことから磁石の仕掛と見破り、悪家老の陰謀をあばく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

毛抜
けぬき
歌舞伎(かぶき)劇。時代物。1幕。津打半十郎、安田蛙文(あぶん)、中田万助合作。1742年(寛保2)1月、大坂・佐渡島(さどしま)座で2世市川団十郎らにより初演された『雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまざくら)』の三幕目「小野館(おののやかた)」が独立したもの。同作から出た『鳴神』『不動』とともに「歌舞伎十八番」に選ばれている。小野家の息女錦(にしき)の前は頭髪が逆立つ奇病にかかり、許嫁(いいなずけ)文屋豊秀(ぶんやのとよひで)への輿入(こしい)れも延期。豊秀の家臣粂寺弾正(くめでらだんじょう)は催促の使者にきて、自分がひげを抜くために使った毛抜がひとりでに立ったことから、御家横領をねらう悪家老八剣玄蕃(やつるぎげんば)一味の曲者(くせもの)が天井裏から磁石で姫の櫛笄(くしこうがい)を引き付けているのを見破り、玄蕃を斬(き)って騒動を収める。江戸時代には珍しい磁石という科学知識を取り入れ、推理小説もどきに謎(なぞ)を解く趣向が異色。知略縦横で愛嬌(あいきょう)に富む弾正の描き方もおもしろい。幕末以来中絶していたのを、1909年(明治42)岡鬼太郎(おにたろう)の台本で2世市川左団次が復活し現代に流行した。錦絵(にしきえ)を参考にした各種の見得(みえ)をはじめ、全般の演出が今日も好評を得ている。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

毛抜
(通称)
けぬき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
雷神不動北山桜
初演
寛保2.1(大坂・佐渡島座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛抜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毛抜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation