@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

毛筋【ケスジ】

デジタル大辞泉

け‐すじ〔‐すぢ〕【毛筋】
1本1本の髪の毛。毛。
髪をくしけずった跡の筋目。「毛筋を立てる」
きわめて小さい物事のたとえ。「毛筋ほどの迷いもない」
毛筋立て」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けすじ【毛筋】
一本一本の髪の毛。毛。
結い上げた髪の毛の流れ。
ごくわずかなもののたとえ。 -ほどの乱れもない

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

け‐すじ ‥すぢ【毛筋】
〘名〙
① 一本一本の毛。または、単に毛の意。〔羅葡日辞書(1595)〕
※浄瑠璃・八島(1639)三「高麗縁に、繧繝縁、錦の縁の畳を、たんたむらくも、けすぢを揃へて、まはりしきにぞ敷かれけり」
② 髪の毛をとかしたあとの櫛(くし)の筋目。
※狂歌・千とせの門(1847)乾「橋の名の永たいまいのさし櫛に毛すじ通して立てる帆柱」
③ (「けすじほど」の形で、下に否定の語、あるいは意味を伴って用いる) きわめて微小なこと。ほんのわずか。
※黄表紙・御存商売物(1782)上「当世の穴をさがし、俳気もすこしあって、毛すじほどもぬけめはなく」
※俳諧師(1908)〈高浜虚子〉三五「鶴子さんは自分から毛筋(ケスヂ)で鬢を膨らませ、鬢櫛で鬢を掻く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛筋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毛筋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation