@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【け】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



hair
毛髪ともいう。表皮の一部が変形したもの。体表の保護,保温に役立っている。哺乳類の特徴の1つ。人間では頭部に特に多いが,発毛の場所,年齢,性,人種によって色と硬度が異なる。毛は体外の毛幹と,皮内の毛根に分れ,成長は毛根で行われる。頭髪,体表全面のうぶ毛のほか,第2次性徴 (→性徴 ) の1つとして思春期陰毛腋毛などが発生する。一般に老化とともに白髪が増加し,毛髪数は減少するが,眉,口の周辺などにかえって剛毛の生えることもある。発生は神経内分泌系,ことに性ホルモンと密接な関連があるとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


もう
(1) 小数単位で 0.001。ただし何割何分何何毛というときは1割の 0.001倍,すなわち 0.0001。 (2) 尺貫法の長さの補助単位で,1寸の 0.001倍。 (3) 尺貫法の質量の補助単位で,1の 0.001倍。 (4) 日本の通貨単位で,厘の 0.1倍。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。



hair
高等植物の表皮に生じるさまざまな形状の突起物の総称。あらゆる器官にみられ,機能も分化している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

け【毛】
生物の体表に生えている糸状のもの。鞭毛(べんもう)・繊毛・刺毛・剛毛・羽毛なども含む。
㋐哺乳類の皮膚に生じる表皮の変形器官。全身のほとんどを覆う、角質の構造物。
㋑頭髪。髪の毛。「を染める」
㋒羊毛。「のシャツ」
㋓植物体の表面に生じる細長い糸状のもの。「タンポポの
㋔鳥などの羽毛。「鳥のをむしる」
細い毛状のもの。「ブラシの
非常にわずかなことをたとえるのに用いる。「そんな気はほどもない」
鎧(よろい)の威(おどし)の糸。おどしげ。
「同じ―の鎧を二両まで置きたりけるを」〈太平記・二六〉
作物。特に稲の穂の実り。作毛。
「秋の―の上を賜ひて下ぐべきにてありけるに」〈沙石集・三〉
魚のうろこ。特に鯉のうろこ。
「鯉に限って、うろこをふくとは申さぬ、―をふくと申す」〈虎寛狂・惣八
[下接語]兎(う)の毛裏毛尾羽毛髪の毛猫っ毛三毛身の毛(げ)愛嬌(あいきょう)毛青毛赤毛葦(あし)毛命毛入れ毛産(うぶ)毛上(うわ)毛枝毛後(おく)れ毛威(おどし)毛鹿(か)毛糟(かす)毛川原(かわら)毛癖毛栗(くり)毛黒毛逆(さか)毛差し毛地毛棕櫚(しゅろ)毛尻(しり)毛白毛梳(す)き毛立ち毛力毛縮れ毛月毛旋(つむじ)毛虎(とら)毛鳥毛夏毛二毛和(にこ)毛抜け毛鼻毛雲雀(ひばり)毛斑(ぶち)毛冬毛解(ほつ)れ毛巻き毛睫毛(まつげ)眉(まゆ)毛尨(むく)毛無駄毛胸毛脇(わき)毛綿毛

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もう【毛】
数の単位。1000分の1。また比率では、1の1000分の1、1の10分の1。
尺貫法の単位の一。長さでは、1の1000分の1。重さでは、1の1000分の1。
貨幣の単位。1の10000分の1、1の10分の1。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もう【毛】[漢字項目]
[音]モウ(呉) [訓]
学習漢字]2年
〈モウ〉
け。「毛髪毛筆毛布羽毛紅毛鴻毛(こうもう)純毛植毛繊毛梳毛(そもう)多毛・体毛・脱毛恥毛羊毛鱗毛(りんもう)
地表に作物が生育する。「不毛二毛作
ごく細かいもの。わずかなもの。「毛頭毛細管毫毛(ごうもう)
重さ・長さ・割合・数などの単位。「厘毛
毛野(けの)国。「上毛両毛
〈け〉「毛糸毛虫赤毛葦毛(あしげ)和毛(にこげ)眉毛(まゆげ)腋毛(わきげ)
[名のり]あつ
[難読]毛布(ケット)旋毛(つむじ)刷毛(はけ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛髪用語集

全身に生える毛の数は約500万本ほど。個人差はあるものの、頭部の毛は10万~15万本くらいだとされる。太さは約0.1ミリメートル前後で、1平方センチメートルあたり、約150本ほどである。

出典:抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」
copyright(C) 抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」 All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

け【毛 hair】
一般に生物の体表に生じた微小な直径をもつ細長い構造物を総称するが,その本態は,生物のグループにより,また体の部位により種々さまざまである。しかし普通に毛という場合,哺乳類の毛をさすことが多い。
【哺乳類の毛】
 哺乳類の毛は哺乳類特有のもので,クジラ類大半を除くすべての種類が多かれ少なかれ毛を備えている(クジラ類の多くは口の周辺に少数の毛をもつ)。毛は,皮下に斜めに埋もれている毛根および毛球と,皮膚外に露出する毛幹の3部分に区別される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

もう【毛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

け【毛】
哺乳動物の皮膚の表皮の角質化によって生じる、糸状の構造物。表皮が陥入してできた毛囊の底から外へ向かって生じる。
頭髪。かみのけ。
鳥などの羽毛。はね。鶏の-をむしる
植物の葉・茎などにある表皮細胞の変化した突起物の総称。毛茸もうじよう
獣毛、特に羊毛から紡いだ繊維。ウール。 -一〇〇パーセント -のシャツ
物の表面から出ている細い糸状のもの。 ブラシの- 筆の-
ごくわずかなものごとのたとえ。 → 毛ほど
よろいの縅おどしに用いる糸や革。おどし毛。 星明りに鎧の-もさだかならず/平家 9
作物の実り。収穫。 秋の-の上を給ひて/沙石 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もう【毛】
尺貫法の長さ・重さの単位。厘の10分の1。
金銭・歩合・割合の単位。厘の10分の1。 日歩二銭四厘七- 打率二割六分九厘二-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

もう【毛】
➀尺貫法の長さの単位。1毛は1尺の1万分の1、1寸の1000分の1。約0.0303mm。
➁尺貫法の重さの単位。日本古来のもの。1毛は1貫の100万分の1、1匁(もんめ)の1000分の1。約3.75mg。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


一般に動物の体表にみられる糸状物をいい、植物でも表皮細胞から発生した突起物を毛とよんでいる。以下、動物と植物に分けてそれぞれ述べるが、ヒトの毛については毛髪として別に扱っている。[大岡 宏]

動物の毛

哺乳(ほにゅう)類の体表の大部分を覆う糸状の器官で、発生的には表皮の一部である。表皮の胚芽(はいが)層が肥厚し、真皮の中に伸びて、その先端に毛嚢(もうのう)(表皮性毛嚢)を生じる。毛嚢の周辺部は真皮からできるので真皮性毛嚢とよばれる。毛嚢の中にある毛の部分を毛根という。毛嚢の上部には皮脂腺(せん)が開き、また平滑筋性の立毛筋がつく。毛嚢の中心部で細胞が分裂し角化したものが毛であるが、この細胞分裂には休止期と成長期があり、成長期のときだけ毛が伸長し、休止期になると毛嚢全体の形態も変化し、長さが短くなり、成長期には表皮細胞に抱き込まれていた毛乳頭が突出するようになる。ヒトの頭髪などは成長期が長く2年ほども続くが、多くの哺乳類の体毛は成長期が短く、一定の周期または季節変化によって成長期と休止期を繰り返し、毛の長さは一定に保たれる。一般の哺乳類の毛は軟毛(綿毛(わたげ))と粗毛とからなるが、ブタなどの剛毛、ヤマアラシの棘(とげ)などのように特殊な発達をしたものもある。胎児などの繊細な毛をうぶ毛という。哺乳類でもクジラ類は出生後は毛を生じない。また実験室で突然変異を利用してつくられたマウスの系統のなかには無毛のものがある。鳥類では毛のかわりに羽毛があり、無脊椎(むせきつい)動物で毛に似た構造としては鞭毛(べんもう)、繊毛などがある。[大岡 宏]

植物の毛

植物学で毛とよばれるものは、表皮の細胞が外方へ突出したものである。かならずしも糸状の細長いものだけでなく、樹枝状に分岐したもの、鱗(うろこ)状のもの、いぼ状のもの、刺(とげ)状のものなど、さまざまな形態のものがある。植物の種類を同定するに際して、どの器官のどの部位にどんな形状の毛が生ずるか否か、またそれが若いときだけあるのか、成長後まで宿存するか、などの特徴は、しばしば類似種との区別点とされる。
 毛の役目はかならずしも明らかでないが、保護のほか、多くの場合は水をはじいたり、蒸散量を調節するのに役だっていると考えられる。余分な水を排出し、または粘液を分泌する毛もある。根の先端付近に生じる根毛は、水や水に溶けた養分を吸収する役と、根を地中に固着させる役をしている。細く軟らかい茎や葉に生じた刺状の毛は、草むらの中で他物と接触して自身の立体的な姿勢を保つのに有効である。種子や果実に生じた毛は、風や動物によって遠くまで散布されるのに役だち、このなかにはワタやパンヤのように利用されるものもある。雌しべの柱頭の毛は、形態と表面の粘液の両面から花粉を付着させるのに適している。特殊な例としては、毒液を含むイラクサの刺毛(しもう)、虫の接触を感じて捕虫に役だつハエジゴクの感覚毛などがある。
 外見が毛に似ていても、表皮だけでなく基本組織をも含む突起物は、毛状体とよんで区別される。[福田泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

毛 (モ)
植物。沈水植物の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

け【毛】
〘名〙
[一] 動物の皮膚を覆う細い糸状のもの。
① 哺乳類の表皮が陥入してできた毛嚢(もうのう)の底部から生じた角質形成物。毛幹と毛根の部分に分けられる。体の保護や体温の調節に関係する。広義には生物体の表面にある糸状物のべん毛、繊毛、刺毛なども含む。
※万葉(8C後)一六・三八八五「わが爪は 御弓の弓弭(ゆはず) わが毛(け)らは 御筆(みふみて)はやし」
※俳諧・鶉衣(1727‐79)前「毛生ひむくつけき虫にも同じ名有(あり)て、松を枯し人にうとまる」
② 人間の髪の毛。かみ。
※栄花(1028‐92頃)見はてぬ夢「いと若う、けふくだみてぞ二人おはすめるも」
③ 鳥の羽。羽毛。
※宇治拾遺(1221頃)四「生けながらけをむしらせければ〈略〉鳥の、目より血の涙をたれて」
④ 羊毛。また、羊毛製品や、羊毛製であることをいう。ウール。「毛のオーバー」
[二] 植物の表皮細胞から発生した突起、または毛状体の総称。綿毛、鱗毛、刺毛(しもう)など、構造・機能で種々にわけられる。毛茸(もうじょう)
※全九集(1566頃)二「香附子あまく微寒也。あかがねの刀にて毛をこそげつちにてうちくだいて」
[三] 一般に、毛のように見えるもの。
① 細い、糸状のものの総称。
※宇津保(970‐999頃)あて宮「宮の御台には、かねの御器(ごき)に黄金のけうち、銀(しろかね)の折敷(をしき)三十」
② 特に、鎧(よろい)の威(おどし)の糸。威毛(おどしげ)
※吾妻鏡‐文治五年(1189)八月一一日「甲毛者紅也」
※太平記(14C後)二六「師直がきせながの料に、同し毛(ケ)の鎧を二両まで置たりけるを」
[四] 魚の鱗(うろこ)。特に鯉(こい)の鱗をさす。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[五] 田畑の作物。作毛、毛上、毛付、毛見などをいう。
※多聞院日記‐文明一〇年(1478)四月二九日「於毛者以苅取

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もう【毛】
〘名〙
① 長さの単位。寸の千分の一、尺の一万分の一に当たる。
※小学入門(甲号)(1874)〈民間版〉「尺の名は十毛(モウ)を一厘といひ、十厘を一分といひ、十分を一寸といひ」
② 重さの単位。匁の千分の一、貫の百万分の一に当たる。
※小学教授書(1873)〈文部省〉「天秤の目に、五つあり。十毛を、一厘といひ、十厘を、一分といひ、十分を、一匁といひ」
比率を表わす単位。割の千分の一、分の百分の一、厘の十分の一に当たる。
④ 金銭の単位。円の一万分の一、銭の百分の一、厘の十分の一。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation