@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

毬杖【ぎっちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

毬杖
ぎっちょう
正月の子供遊戯の一種。槌形のに色糸などを飾りつけ,これで木製を打合い,早く中央の一線を越して相手陣に打込んだ者を勝ちとする。『骨董集』によると,京都では子供が生れて初めての正月には,母方の里から毬杖を贈るのを例とし,その毬杖は胡粉緑青などで彩ったという記録がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎっ‐ちょう〔‐チヤウ〕【××杖/×打】
昔、正月に木の毬(まり)を打って遊ぶのに用いた、長い柄のついた槌(つち)。また、その遊戯。玉打ち。ぎちょう。きゅうじょう。 新年》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゅう‐じょう〔キウヂヤウ〕【××杖】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎっちょう【毬杖】
中国から渡来した打毬(だきゆう)が転化した遊び。毬打とも記し,〈きゅうじょう〉〈ぎちょう〉〈ぎっちょ〉〈たまうち〉〈だきゅう〉〈まりうち〉などともいった。平安末期の《年中行事絵巻》正月遊戯のに毬杖の図が描かれているのをはじめ,古文献に記述は多く見られるが,遊事法について詳述した文献はほとんどない。1713年(正徳3)の《和漢三才図会》には,当時すでに本式の毬杖は下向の道をたどり,他方わらべ遊びとしての毬杖が行われていたことが記されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぎちょう【毬杖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きゅうじょう【毬杖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうじょう【毬杖】
ぎっちょう毬杖

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐じょう キウヂャウ【毬杖】
〘名〙 毬(まり)を打つ競技に用いる杖。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)祭の使「おほいなるたまを、舎人どもの中に投げ出し給ふ。舎人どもきう丁を持ちて遊びて打ち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毬杖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

毬杖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation