@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

氏家【うじいえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

氏家
うじいえ
栃木県中東部,さくら市南西部の旧町域。喜連川丘陵から鬼怒川左岸の平地にある。 1891年町制。 2005年喜連川町と合体してさくら市となった。中心集落の氏家は古代より宿駅として発達。近世奥州街道と会津中街道の分岐する宿場町で,鬼怒川の河港が開かれ,市場町として発展。明治以降,わら切り機などの農機具製造で知られたが,1955年以降本格的な工場進出が始まり,醸造肥料,工芸ガラス,靴,コンクリート製品などの工業も立地。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

氏家
うじいえ
栃木県中央部から北西部、塩谷郡(しおやぐん)にあった旧町名(氏家町(まち))。現在はさくら市の南西部を占める一地区。旧氏家町は、1889年(明治22)町制施行。1959年(昭和34)高根沢(たかねざわ)町上阿久津(かみあくつ)を編入しているが、上阿久津は鬼怒(きぬ)川東岸に位置し、江戸時代、鬼怒川遡航(そこう)終点河岸(かし)として栄えた所である。2005年(平成17)喜連川町(きつれがわまち)と合併し、市制施行してさくら市となる。中心集落氏家は、中世末以来、奥州街道、会津中街道の宿場町として、また周辺地域に対する市場町として発展してきたが、氏家の中心は東北本線氏家駅開設後北へ移動した。現在、JR東北本線(宇都宮線)のほか、国道4号、293号が通じている。地域の西縁を鬼怒川が南流し、北縁を那珂(なか)川の一支流荒川が東流する。その間から五行(ごぎょう)川が発しており、ほとんどが低平な水田一毛作地帯となっている。この水田地帯には、1656年(明暦2)に開削された市ノ堀用水(いちのほりようすい)などの用水路の設置によって開発された新田集落が多い。近年では野菜栽培や畜産などが取り入れられている。鋸(のこぎり)のコレクションで名高い「さくら市ミュージアム」や勝山城跡がある。[櫻井明久]
『中津原直一著『氏家町年表』(1966・氏家町文化財保護委員会) ▽『氏家町史』全3巻(1983~1989・氏家町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うじいえ うぢいへ【氏家】
栃木県さくら市の地名。鬼怒川の西岸にあり、奥州街道の白沢と喜連川(きつれがわ)の間の宿駅として発達。氏家公頼の居城跡がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

氏家 うじいえ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

氏家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

氏家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation