@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

民事裁判【みんじさいばん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

民事裁判
みんじさいばん

一般的に私人間の具体的な生活関係に現れた原告対被告の対立する紛争につき、裁判所が法律的判断を与えて解決を図ること、または、その裁判をすることをいう。刑事裁判・行政裁判に対する概念であって、民事訴訟(判決手続)の裁判、強制執行、破産、非訟事件などの裁判を総称する。

[内田武吉 2016年5月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みんじ‐さいばん【民事裁判】
〘名〙 民事事件に関する裁判。私法上の権利または利益を保護するとともに、私人間の紛争を解決するため、民事訴訟法の定める手続によって行なわれる。
※司法省達第二七号‐明治九年(1876)二月二四日「民事裁判上の手続書並口書判決文等に年月日記載方」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みんじ‐さいばん【民事裁判】
民事に関する事件を審理する裁判。→刑事裁判

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民事裁判」の用語解説はコトバンクが提供しています。

民事裁判の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation