@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

民事調停【みんじちょうてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

民事調停
みんじちょうてい
民事に関して紛争が生じたときになされる調停をいう。民事に関する紛争につき,当事者の互譲により条理にかない実情に即した解決をはかることを目的とする (民事調停法) 。通常は,おもに簡易裁判所において,調停主任 (裁判官) 1名と民事調停委員2名によって組織する調停委員会で行なう。当事者間に合意が成立し,これを調書に記載すると,確定判決と同一の効力を生ずる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みんじちょうてい【民事調停】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

民事調停
みんじちょうてい

民事に関して国家の調停機関(原則として裁判所の調停委員会)が紛争当事者を仲介し、双方の主張を調整し、その間に和解の成立を図る非公開の手続である。形式的意義では、民事調停法に規定する調停をいい、家事事件手続法に規定する家事調停を除く。その特色は、一般訴訟事件のように、紛争に対し法規を適用して一刀両断的な解決を図るのではなくして、「当事者の互譲により、条理にかない実情に即した解決を図ることを目的とする」(民事調停法1条)ところにある。

[内田武吉・加藤哲夫 2016年5月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みんじ‐ちょうてい ‥テウテイ【民事調停】
〘名〙 民事上の紛争に関して行なわれる調停。当事者間の話合いと互譲によって平和的に解決することを目的とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民事調停」の用語解説はコトバンクが提供しています。

民事調停の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation