@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

民法典論争【みんぽうてんろんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

民法典論争
みんぽうてんろんそう
1890年頃日本において民法典施行の是非をめぐって行われた論争。条約改正促進のために近代的法典の整備を迫られていた明治政府は,90年フランス人 G.ボアソナードを中心に完成した民法典 (→旧民法 ) を公布し,93年から施行することを定めた。これに対し,一部の法律学者や帝国議会議員などの間から強力な反対論 (施行延期論) が出され,施行断行を主張する断行派 (→梅謙次郎 ) との間に激しい論争が繰広げられた。穂積八束は「民法出デテ忠孝亡ブ」と論じ,論争は延期派の勝利に終り,92年の帝国議会は,施行を延期することを可決した。これを受けて日本人起草委員のみによってこれに代る民法典 (→民法 ) の編纂事業が行われるにいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みんぽうてんろんそう【民法典論争】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みんぽうてんろんそう【民法典論争】
1890年(明治23)公布、93年施行予定であった民法の施行の可否をめぐる論争。施行を断行しようとする明治政府に対して、穂積八束などが国情にそぐわないなどとして施行延期を主張した(結局、施行されず)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

民法典論争
みんぽうてんろんそう
明治中期,1890年公布の民法をめぐって行われた論争
1893年1月から施行されることになっていた民法に対し,伝統的な風習道徳を破壊する危険があるとの反対論がおこり,論争がやかましくなった結果,'92年の第3議会は民法・商法の施行延期を決定した。それはフランス法学派とドイツ法学派,自由主義と国家主義の対立でもあった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

民法典論争
みんぽうてんろんそう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民法典論争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

民法典論争の関連情報

関連キーワード

社会民主党(ドイツ)ドイツ映画関西学院大学グッズゴッホビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation