@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

民生主義【みんせいしゅぎ】

世界大百科事典 第2版

みんせいしゅぎ【民生主義 mín shēng zhǔ yì】
中国で孫文が唱えた三民主義を構成する三つの主義の一つ。人民の生活向上,経済的平等をめざす経済綱領。1896‐97年ヨーロッパ亡命中の孫文が先進資本主義国における資本主義の弊害分配の不公平に基づく社会問題の発生をまのあたりに見て,将来中国でも起こるであろう社会問題を未然に防止するために構想した。1905年(光緒31)中国同盟会結成とともに初めて民族・民権・民生が三大主義と名づけて発表され,H.ジョージ土地単税論の影響を受けた〈地権平均〉(土地の申告価格に基づいて課税し,地価上昇分を国家に納め国民全体に還元する)を民生主義の最も重要な内容とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

みんせい‐しゅぎ【民生主義】
〘名〙 孫文の唱えた三民主義を構成する一つ。経済的不平等の是正を目的として、社会的平等を説くもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みんせい‐しゅぎ【民生主義】
孫文が唱えた三民主義の一。→三民主義

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民生主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

民生主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation