@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

民選議員【ミンセンギイン】

デジタル大辞泉

みんせん‐ぎいん〔‐ギヰン〕【民選議員】
国民が選挙によって選んだ議員

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

民選議員
みんせんぎいん

国民によって直接に選挙された議員をいう。第二次世界大戦前の日本では、皇族・華族・勅任の議員で構成された非民選的な貴族院を設け、民選議員からなる衆議院の勢力を抑制する政治方式をとった。戦後の国会は、衆参両議院とも、成年男女の普通選挙に基づいて選挙された民選議員から構成される。イギリスの上院(貴族院)は非民選議員からなるが、今日では下院(庶民院)の権限が絶対であり、民主国家といえる。

[田中 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みんせん‐ぎいん ‥ギヰン【民選議員】
〘名〙 人民が選出した議員。
※東京日日新聞‐明治九年(1876)八月二二日「民選議員の萌芽を発せしは決功決功」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民選議員」の用語解説はコトバンクが提供しています。

民選議員の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation