@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

気候変動枠組条約【きこうへんどうわくぐみじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

気候変動枠組条約
きこうへんどうわくぐみじょうやく
United Nations Framework Convention on Climate Change
国際連合のもと,地球温暖化対策の枠組みを初めて定めた条約。正式名称「気候変動に関する国際連合枠組条約」。略称 UNFCCC。1992年6月ブラジルのリオデジャネイロでの環境と開発に関する国連会議 UNCED地球サミット)で,日本を含む 150ヵ国以上が署名し,1994年3月に発効した。この条約に基づき,1995年以降,気候変動枠組条約締約国会議 COPが毎年開催されることになった。1990年代末までに二酸化炭素 CO2をはじめとする大気中の温室効果ガスの排出量を 1990年の水準に戻すことをおもな目的とし,締約国は具体的施策や排出量などの情報を締約国会議に報告することを義務づけられた。1997年に京都で行なわれた第3回締約国会議 COP3では京都議定書が,2015年にフランスのパリで行なわれた第21回締約国会議 COP21ではパリ協定が,それぞれ採択された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きこうへんどうわくぐみ‐じょうやく〔‐デウヤク〕【気候変動枠組(み)条約】
「気候変動に関する国際連合枠組条約」の略称。1992年の地球サミットで155か国が署名し成立。二酸化炭素など、地球温暖化などの気候変化の原因となる温室効果ガス濃度の安定化を目標とする。地球温暖化防止条約。UNFCCC(United Nations Framework Convention on Climate Change)。→京都議定書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きこうへんどうわくぐみじょうやく【気候変動枠組条約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

気候変動枠組条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

気候変動枠組条約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation