@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

気候変動【きこうへんどう】

知恵蔵

気候変動
大気の平均状態である気候が様々な要因により、多様な時間スケール(例えば氷期間氷期は約10万年周期)で変動すること。自然の要因には地球自転軸の傾きの変動、太陽活動の変化、火山噴火など、人為的な要因には温室効果ガス増加森林破壊などがある。科学的な気象観測が行われる以前の時代の気候を古気候といい、年輪花粉、氷床掘削や海()底堆積物などの分析から推定する。
(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

きこう‐へんどう【気候変動】
気候降水量などの平均値の、平年からの乖離が徐々に増すこと。また、人為的要因による気候の変化。→気候変化

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きこうへんどう【気候変動】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

気候変動
きこうへんどう
climatic variation

気候変化とほぼ同じ意味で使われることが多いが、本来は年々~数十年で変動する気候の変動性(変動幅)を意味するclimate variabilityに対応する用語でもある。気温などの平年値は一般に30年間の平均値で表されるから、気候変動とは30年程度の平均値に有意な変化が生じた場合をさすという考え方もある。しかし、平均値に変化がなくても、標準偏差で代表されるような変動そのものの大きさ(変動性)に著しい変化が生じた場合には、気候変動がおこったと考えるべきである。たとえば、異常気象の多発傾向などは気候変動の一つの現れとみることができる。

[三上岳彦 2015年4月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気候変動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

気候変動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation