@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

気功【きこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

気功
きこう
中国古来の健康法。「功」という言葉は晋代の文献に既に見られるが,従来は「導引」「吐納」「行気」などと称されることが多かった。 1950年代,中国の劉貴珍 (1920~83年) が気療養院を設立し専門書を著わしたことなどから,「気功」という称が広まり定着した。「気」の解釈には各種あるが,人間の呼吸する空気の気であり,また人体の生命活動エネルギー (内気) でもある。この内気を重視し,その力を高めてそれを利用するのが気功の特徴といえる。中国古典の『老子』『荘子』などに気功に関する記述がある。数多くの分派があるが,道家,儒家,仏家の3系統に大別できる。また,目的によって分けると,格闘技の鍛練法としての「硬気功 (武術気功) 」と,病気の治療や健康維持のための「軟気功 (医療気功,保健気功) 」とになる。現在,気功には次の3要素があると認められている。 (1) 全身をリラックスし,ある特定の姿勢を保持する。 (2) 気の鍛練──呼吸の鍛練と内気の鍛練。 (3) 身体のある部位に精神を集中し,いわゆる無念無想状態を誘発する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐こう【気功】
中国古来の自己鍛練法。呼吸法と体操によって体内の気血循環をよくし、病気予防・健康維持を図るもの。気功療法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐こう【気功】
〘名〙 中国の自己鍛練法。呼吸法と体操によって体内の気と血の循環をよくし、病気予防と健康維持をはかる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気功」の用語解説はコトバンクが提供しています。

気功の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation