@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

気象病【きしょうびょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

気象病
きしょうびょう
meteorological disease; meteoropathy
気象変化に敏感に反応し,症状が変化すると考えられる病気。おもに悪化する場合が多い。低気圧前線が通過する際にリウマチが痛んだり,喘息発作が生じたりするのはその。リウマチや神経痛などは天気痛ともいう。心筋梗塞脳出血胆石症などの病状も気象に反応して変化するといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きしょう‐びょう〔キシヤウビヤウ〕【気象病】
気象の変化に深いかかわりのある病気や症状。寒波期に脳出血、低気圧のときに神経痛・リウマチ、季節の変わり目に気管支喘息(ぜんそく)の発作が起きやすいことが知られている。気候病。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きしょうびょう【気象病】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵mini

気象病
気温や湿度、気圧などの変化によって引き起こされる体調不良の総称めまい肩こり、イライラといった不定愁訴を発症する場合と、片頭痛関節痛などの持病が悪化する場合の二つに大別される。特に影響が大きいのは気圧とされ、詳細は明らかにされていないが、内耳にある気圧の変化を感知するセンサーからの情報に体が適切に対応できず、自律神経の働きが乱れ、交感神経が優位になることが原因であると考えられている。
(2018-3-20)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

気象病
きしょうびょう

気象の変化や一定の気象条件下で症状が悪化したり、発作が誘発されたりする一連の病気をいう。まずあげられるのは関節リウマチと神経痛である。これらの病気の痛みの出現や悪化が、ある気象条件下でおこりやすいことは経験的によく知られており、しばしばそれを天気痛とよぶことからも、この間の事情をよく物語っている。そのほか、気管支喘息(ぜんそく)、心筋梗塞(こうそく)、脳出血、胆石症、ベーチェット病などが気象の影響を受ける。ことに気象条件に急激な変化をおこしやすい前線(性質の違う気団の接触によって生ずる不連続な境界)の通過という条件が大きな影響を及ぼすようであり、これらの病気の発作は、いずれも前線通過の前後に比べて通過時におこりやすいことが証明されている。

 気象と病気の関係を明らかにするには、一定の地域において、対象とする病気の発生状況や経過をある期間にわたって詳細に観察し、それと並行して観測した気象条件の変動との間に関連性があるか否かを検討する。

 気象病のメカニズムに関連して、気象変化が生体にどのような影響を与えるかという問題に対して次のような説がある。(1)前線の接近(低気圧の接近)による減圧では、体内にヒスタミンまたはヒスタミン様物質が動員され、体内の水分が貯留し、平滑筋の収縮、血管の透過性、炎症反応が増強するため、気象病が誘発されるとする説、(2)気象変化が自律神経に影響を与えるため、最初は副交感神経の感受性が亢進(こうしん)、ついで交感神経の感受性が亢進するとする説、(3)気象の変化をストレスとして考え、下垂体前葉、副腎(ふくじん)皮質系が作動するためとの説がある。このような気象病のメカニズムについては今後の研究にまつところが大きい。

 一方、一定の気象条件と病気との関係が明らかな場合には、人工気象室によって逆に病気の経過に有利な気象条件(温度、湿度、気圧など)を人工的につくりだして病気の治療に応用しようという試みが、すでに関節リウマチや気管支喘息などで行われている。

[加地正郎]

『加地正郎編『人間・気象・病気』(NHKブックス)』『笠井和編『小児科MOOK14 気象医学』(1980・金原出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きしょう‐びょう キシャウビャウ【気象病】
〘名〙 病状の変化が天候とかなり密接に結びついていると考えられる病気。リウマチ、神経痛、気管支喘息など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気象病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

気象病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation