@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

気象衛星【きしょうえいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

気象衛星
きしょうえいせい
meteorological satellite
気象観測を目的とする人工衛星日射量や赤外放射などの強度を測定して分布を画像化したり,大気各層の温度や湿度を測定したりする。また洋上の浮標ブイ)や海洋気象観測船などからデータを収集する役割も担う。静止気象衛星極軌道気象衛星がある。静止気象衛星は,高度約 3万5800kmの赤道上空を地球の自転と同期して 24時間で周回するため地球からは静止しているように見える。高い位置から観測するため同時に広範囲をとらえることができる。極軌道気象衛星は,北極と南極を通る軌道(→極軌道)上の高度 500~1500kmを周回する。地球の自転を利用し極地方を含む地球全表面を,静止気象衛星より高い分解能で観測できる。(→エッサタイロスニンバスノアひまわりメテオール

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

気象衛星
気象観測用の人工衛星。1960年に打ち上げられた米国のタイロス1号が最初。静止気象衛星にはひまわりと米国の2つのGOES(ゴーズ)、ロシアのGOMS、欧州気象衛星機構のMETEOSATがある。また、極軌道気象衛星には米国のノア、ロシアのメテオールがある。ノアは約850kmの高さで地球を南北に回り、雲や温度、水蒸気などの垂直分布、海氷、霧、海面温度を観測する。ひまわりは、2005年2月に打ち上げられた6号から航空管制機能も持つ運輸多目的衛星(MTSAT:Multi‐functional Transport Satellite)となり、06年2月に7号が打ち上げられた。地球表面からの可視光、赤外線、電波などから資源探査、海洋・大気観測を行うのが地球観測衛星。02年5月に米国、日本、ブラジル共同で打ち上げられたAqua(アクア)は、地球規模の水、エネルギー循環の解明を目指す。06年1月に打ち上げられた陸域観測技術衛星だいちは、地図作製や災害把握などに使われる。このほか、08年に打ち上げ予定の温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT:Greenhouse gases Observing Satellite)など、様々な計画がある。
(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

きしょう‐えいせい〔キシヤウヱイセイ〕【気象衛星】
地球の気象状況を観測する人工衛星。可視光線赤外線を利用して雲や海面水温の分布などを観測し、上層風の流れなどの情報を地上局に送る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きしょうえいせい【気象衛星 meteorological satellite】
気象要素を観測したり,無人観測所や船舶等から気象観測資料等を収集する機能を持った人工衛星。地球表面から800~1000kmぐらいの高度を比較的短い時間(1時間40分前後)で地球を1周する中高度気象衛星と赤道の上空3万5786kmにある静止気象衛星がある。静止気象衛星は衛星直下点を中心に半径7000kmの円内を観測できるという利点があるが,赤道上空にあるために極付近の観測はできない。また小さな現象の観測にも不向きである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

気象衛星
きしょうえいせい
meteorological satellite

データの収集・配信を目的として打ち上げられる人工衛星。気象衛星は、地球規模での雲、水蒸気、海面温度、海上風、降雨などを一日に何度も観測することで、天気予報や気候変動の研究などに活用される。

 気象衛星には静止衛星と極軌道の周回衛星がある。静止気象衛星を利用した地球全体の気象観測は、世界気象機関(WMO)の地球大気開発計画(GARP(ガープ))に基づく五つの静止衛星などで行われている。日本は1977年(昭和52)に最初に打ち上げられた静止気象衛星「ひまわり」で参画している。「ひまわり」は赤道上約3万6000キロメートルの静止軌道から、地球の約3分の1を常時観測する。5号機まではスピン安定式であったが、6号機以降は3軸制御衛星となり、8号機は2014年に打ち上げられ東経140度付近に静止している。8号機の観測センサーの機能・性能は格段に向上し、黄砂と噴煙の識別、集中豪雨の観測、火山灰、煙霧質(エアロゾル)の観測機能が向上した。分解能はこれまで可視光域で1キロメートルが0.5キロメートルに、赤外域では4キロメートルが2キロメートルに、撮像間隔は30分が10分に短縮された(日本付近は2分30秒ごとに常時監視が可能)。観測チャンネルはこれまでの5チャンネルから16チャンネルに増加し、カラー画像の作成が可能となった、8号と同じ機能の9号は2016年11月に打ち上げられ、8号のバックアップとして軌道上で待機している。データは通信衛星(JCSAT)経由で配信される。

 世界初の気象衛星はアメリカのタイロス1号TIROS1で、1960年に打ち上げられた。アメリカはその後GOES(ゴーズ)シリーズを1975年から打ち上げ、2016年時点では静止位置に3機(GOES-12、GOES-13、GOES-15)を配置し運用している。ロシアの新世代気象衛星Elektro(エレクトロ)-L(GOMS(ゴムス) 2号)は2015年に打ち上げられ、東経76度のインド洋上で運用中である。ヨーロッパではヨーロッパ気象衛星開発機構(EUMETSAT(ユーメットサット))が運用するMeteosat(メテオサット)シリーズで、7号(東経57度、1997)、8号(東経41.5度、2002)、9号(東経9.5度、2005)、10号(東経0度、2012)、11号(軌道上待機中、2015)がヨーロッパ、アフリカを中心に観測運用を実施している。インドは通信と気象観測機器を搭載したINSAT(インサット)シリーズを2003年から25機打ち上げ、2016年時点で12機を運用している。中国は風雲(FY)シリーズを打ち上げ、FY-2D(東経86度)、FY-2E(東経123度)、FY-2F(東経112度)、FY-2G(東経123度)の4機を配置している。中国は静止気象衛星のほかに、極軌道の周回気象衛星3機を運用している。韓国は海洋観測と気象観測の実証衛星であるCOMS(コムス)(千里眼)を2010年に打ち上げた。

 極軌道からの気象観測は、高度約1400キロメートルの円軌道で、軌道傾斜角を約102度にすることで南北両極の近くを通り、太陽の動きに同期させて午前9時あるいは午後3時など、毎日ほぼ同じ地方時に全世界を昼夜各1回観測することができるようにしている。これにより静止気象衛星がなしえないグローバルな気象情報や高緯度地方の海氷情報等を得ることができる。アメリカがNOAA(ノア)衛星、ロシアがMETEOR(メテオール)衛星を運用している。

[森山 隆 2017年1月19日]

『気象衛星センター編『気象衛星画像の解析と利用 一般気象編』(2012・気象衛星センター)』『伊藤譲司他著『ひまわり8号気象衛星講座』(2016・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きしょう‐えいせい キシャウヱイセイ【気象衛星】
〘名〙 地球上の気象状態を観測するための人工衛星。長期予報、台風の進路の確定などに重要な役割を果たす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気象衛星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

気象衛星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation