@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【き】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



qi
物の存在,活動などを説明する中国哲学上の概念。気はもと「气」と書き水蒸気にかたどった文字。人間になぜ生死があるのか,生物になぜ四季に応じる盛衰の変化があるのかを追究して,これを水蒸気や人間の (いき) に類比される極微な物質の気の集散によって説明しようとしたらしい。したがって,気は人間の心からは独立で,宇宙に遍在し,それ自体活動力をもった共通普遍の質料であって,それが個々の物を凝集すれば物は生存し,散逸すれば物は死滅するとされた。しかし,中国哲学では気の量的変化は考えられていない。古代には,気にはいわば生きる気と死んでいく気のように2種または相異なった運動があると考えられ,清濁説,陰陽説を生み,また物に即する異質性または異なった段階的運動が考えられて五行説が成立した。それとともにその根源の一元気も考えられるようになったが,陰陽,五行などの気の展開の追究は,その超越的自然理法を顕著にすることになって,宋代には形而上の「」を気に優先する考えが成立した。しかし,明以後は客観的,経験的に気を中心にして物の展開を考えるようになった。現代中国の哲学研究では,中国的唯物主義の系譜をこの気によって見出そうとしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き【気】
生命・意識・心などの状態や働き。
㋐息。呼吸。「が詰まりそうな部屋」
㋑意識。「を失う」
㋒物事に反応する心の働き。「を静める」
㋓精神の傾向。気質。「が強い」
㋔精神の盛り上がり。気勢。「復興のがみなぎる」
㋕気分。気持ち。「が楽だ」「が乗らない」
㋖あれこれ考える心の動き。心遣い。心配。「どうにもになる」
㋗物事にひきつけられたり、人を恋い慕ったりする気持ち。興味。関心。「彼女にがある」
㋘何かをしようとする、また何かしたいと思う心の動き。つもり。「どうするだ」「やるがある」
天地に生じる自然現象。空気・大気や、水蒸気などの気体。「山の
あたりに漂う雰囲気。心に感じる周囲のようす。「陰鬱(いんうつ)なが漂う」
ある物がもっている特有の香りや風味。「の抜けたビール」
昔、中国で1年を24分した一つの、15日間。さらに3分した一つをといい、気は3候からなる。節気。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【気〔氣〕】[漢字項目]
[音](漢) (呉)
学習漢字]1年
〈キ〉
息。「気管気息一気呼気口気
ガス体。「気圧気化気体外気換気空気香気湿気臭気瘴気(しょうき)蒸気冷気
天地間に生じる自然現象。「気温気候気象磁気暑気天気電気陽気
宇宙と人間の根底にあるとされるエネルギー。生命の活力。「運気元気正気(せいき)生気精気病気
精神・感情の働き。「気質気性気分意気陰気鋭気狂気血気根気才気士気正気(しょうき)短気稚気怒気平気本気勇気
何か特有のようす。「気運気味鬼気景気語気妖気(ようき)霊気雰囲気
一年を二四分した期間。「気節節気二十四気
〈ケ〉
ガス体。「湯気(ゆげ)
心の働き。気持ち。「気色(けしき)嫌気俗気毒気山気若気(わかげ)
ようす。「気配油気色気金気(かなけ)産気土気(つちけ)人気(ひとけ)水気(みずけ)
病気。「脚気(かっけ)腰気
[名のり]おき
[難読]呆気(あっけ)噯気(おくび)気質(かたぎ)気障(きざ)健気(けなげ)若気(にやけ)惚気(のろけ)呑気(のんき)暢気(のんき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎ【気】
[語素]名詞の下に付いて、それにふさわしい性質・気質・気性などの意を表す。「男」「商売

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【気】
[名]
そのものがもつ要素や傾向。また、それが感じられる状態・気配。「火の」「血の」「泣き上戸のがある」
そのものから発して、その存在を感じとらせるもの。気体状のもの。におい。味など。
「東おもての朝日の―いと苦しければ」〈かげろふ・下〉
それを感じられる心の状態。気分。心地。
「恐しき―も覚えず」〈・夕顔〉
気候。天気。
「―を寒み葦(あし)の汀(みぎは)もさえぬれば流ると見えぬ池の水鳥」〈和泉式部続集
病気。
「脚の―起こりて」〈落窪・三〉
(多く「気が付く」の形で)産気。
「今朝から―がつきて、今日生まるるとて」〈浮・胸算用・二〉
[接頭]
動詞・形容詞に付いて、なんとなく、漠然としたなどの意を表す。「おされる」「だるい」
主として形容詞、時に動詞・形容動詞に付いて、ようすが…であるという意を表す。「おそろし」「うとし」「あなどる」「ざやか」
[接尾]名詞・動詞の連用形、形容詞・形容動詞の語幹などに付いて、そのようなようす・気配・感じなどの意を表す。名詞に付く場合、「っけ」の形になることも多い。「人」「飾りっ」「商売っ」「食い」「寒」「いや

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【気】
[接尾]動詞の連用形、形容詞の語幹などに付いて、名詞、または形容動詞の語幹をつくる。…そうだ、…らしいようす、などの意を表す。「わけあり」「うれし」「おとなもない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【気/希/稀】[漢字項目]
〈気〉⇒
〈希〉⇒
〈稀〉⇒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

き【気 qì】
中国思想史上の用語。宇宙に充満する微物質。アトムとは異なり,ガス状に連続していて分割できない。万物を形づくり,それに生命,活力を与えるもの。物質=エネルギーと定義される。すでに《管子》内業篇に気が天地の間を流動し,五穀や星となるさまが描かれている。気がたえざる運動のうちにあり,凝集すると物が形成され,その凝集が拡散するとその物体が消滅することも,《荘子》知北遊篇に見えている。少し具体的に述べてゆくと,天は軽い気,地は重い気がそれぞれ分かれてできたものである(《淮南子(えなんじ)》天文訓)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


中国哲学の用語。気という語は殷(いん)周の甲骨文、金文の資料や『詩経』『書経』にはみられないが、『論語』をはじめ戦国時代以後の各学派の文献に多く現れる。元来中国人は、人の気息、風(大気)や霧、雲の類、湯気などを気として認識した。そして(1)気は空気状のもので、天地の間に遍満して流動変化するとともに、人の身体の中にも満ちていると考えた。(2)気は天地万物を形成し、かつ気が生命力、活動力の根源であって、人の身体的、精神的諸機能もすべて気から生ずると考えた。(3)陰(いん)なる気と陽(よう)なる気、あるいは五行(ごぎょう)(木火土金水)の気という2種類または5種類の気を考え、この多様な気の配合、循環などによって事物の異同や生成、変化を説明した。(4)これらの多様な気の本(もと)となる根源の一気を考えてそれを元気(げんき)と称し、元気による万物の生成を説いた。気の思想は、だいたい上記(1)から(4)の順序を追って重層的に展開し、前漢のなかばごろまでに気の概念はほぼ定着して清(しん)末まで基本的な変化はなかった。かくて漢代以後、種々の系列の思想において気による生成論が説かれ、宋(そう)代以降の新儒学(性理学)においては、気は物質の根源を表す語としてその理気哲学の体系中に組み込まれ、きわめて重要な役割を果たした。なお気は狭義の哲学用語としてだけではなく、天文、気象、医学、芸術、兵法、政治等々多くの分野の理論のなかで、古来重要な用語として用いられた。

[山井 湧]

『黒田源次著『気の研究』(1977・東京美術)』『小野沢精一他編『気の思想』(1978・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き【気】
〘名〙
[一] 変化、流動する自然現象。または、その自然現象を起こす本体。
① 風雨、寒暑など、天地間に現われる自然現象。
※海道記(1223頃)菊川より手越「仲呂(ちゅうりょ)の節に当たりて、小暑の気様々催せども」
② 陰暦で一年を二四分した一期、一五日をいう。「二十四気」
※名語記(1275)五「この気は十箇をへて、次第にうつりかはる也」
③ 万物を生育する天地の精。天地にみなぎっている元気。
※秘蔵宝鑰(830頃)上「人死帰気、更不生」
④ 空気。大気。
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)一「中華の仙術かたちをはなれて、気をくらひ風をのみ」
⑤ 雲、霧、煙などのように、上昇する気体。
※和漢朗詠(1018頃)上「気霽(は)れては風新柳の髪を梳る 氷消えては浪旧苔の鬚(ひげ)を洗ふ〈都良香〉」
⑥ そのもの特有の味わい、かおり。香気。「気のぬけたビール」
※平家(13C前)三「風香調(ふがうでう)の内には、花芬馥(ふんぷく)の気を含み」
[二] 生命、精神、心の動きなどについていう。自然の気と関係があると考えられていた。
① いき。呼吸。「気の詰まりそうな雰囲気」 〔日本一鑑窮河話海(1565‐66頃)〕
② 精気。生活力。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二「五蔵六府の病の品々、風・寒・暑・湿・き・血の虚実、内傷・外感の本を正しくして薬を与ふるに」
③ 心のはたらき。意識。
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)九「礒之丞は猶赤面の覚(おぼえ)なき身の、気はうろうろ、せんかた尽きて切腹と」
④ 精神の傾向。気だて。気ごころ。
※虎明本狂言・呼声(室町末‐近世初)「たのふだ人のきは某がしった」
⑤ 緊張した、さかんな精神。気力。気勢。
※筑波問答(1357‐72頃)「又あらぬ人にあひて『鞠の手持ちやう、如何程もすわりたるよき』と仰せられき。是は其の人の気に対して教へかへられ侍るにや」
⑥ 何事かをしようとする心のはたらき。つもり。考え。意志。
※狂言記・貰聟(1660)「我(われ)はしかといぬまひといふきか」
⑦ あれこれと考える心。心配。
※三体詩素隠抄(1622)一「思ふやうにもない事を、わびかなしまふず事ではないと、自らおもひやって、気をなぐさめたぞ」
⑧ 感情。気持。気分。
※御伽草子・猫の草紙(江戸初)「鼠ををぢ恐れて、逃げ隠れ、桁、梁をも走らず。歩くといへ共、さなりもなく忍び歩きのてい也。かかるきのうまき事なし」
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉九「相助打(ぶ)たれて気が逆上(のぼ)せ上るほど痛く」
⑨ 根気。気根。→気が尽きる
⑩ 興味、関心。また、人を恋い慕う気持。→気がある気を取る
⑪ 十分にはっきりとはしないが、そうではないかと思う考え。→気がする
[三] 取引所で、気配(きはい・けはい)の事。人気。「気崩れ」「気直る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎ【気】
〘語素〙 名詞に付いて、その物事にふさわしい性質、気質、根性などのあることを表わす。「男ぎ」「娘ぎ」「商売ぎ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【気】
[1] 〘名〙 (「気」の字の呉音か。一説に、訓ともする)
① ある物の発する熱気や、ある物の持っている勢い。
※書紀(720)敏達元年五月(前田本訓)「辰爾乃ち、羽を飯の気(ケ)に蒸(む)して帛(ねりきぬ)を以て羽に印(お)して悉くに其の字を写す」
② 気分。心地。また、気力。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「恐ろしきけもおぼえず、いとらうたげなる様して」
③ 人や物の状態から受ける感じ。けはい。また、人のけはい。
※落窪(10C後)一「口つき愛敬づきて少しにほひたるけつきたり」
④ 気候。天気。「気を寒み」の形で、寒さがきびしいのでの意に用いる。
※曾丹集(11C初か)「けをさむみ冴えゆく冬の夜もすがら目だにもあはず衣うすれて」
⑤ いろいろな要素、成分をいう。また、「…の気」の形で用い、それらがわずかに感じられるさまをもいう。
(イ) 病気。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※米沢本沙石集(1283)四「或人囲碁を愛して冬のよもすがら打つに、中風の気ありて手ひゆる故に土器(かはらけ)に石をいらせて打けり」
(ロ) 味、匂いなど。
※今昔(1120頃か)一「只、其を可供養し。米(よね)の気(け)なれば吉(よ)き物也」
(ハ) 傾向。性向。
※笹まくら(1966)〈丸谷才一〉七「その気(ケ)は前からあったらしいけどね」
(ニ) 産気。
※御湯殿上日記‐文明一六年(1484)八月四日「御さんの御けつきて御いてあり」
[2] 〘接頭〙 様子の意を表わす名詞「け」が、接頭語として用いられたもの。
① 主として形容詞、また動詞、形容動詞の上に付いて、様子、気配などの意を表わす。様子が…である。「けおそろし」「けうとし」「けぎよし」「けざやか」「けだかし」「けぢかし」「けどほし」「けどる」「けなつかし」「けにくし」など。
② 動詞、形容詞の上に付いて、何となく、漠然とした、などの意を表わす。「け押される」「けだるい」など。
[3] 〘接尾〙 体言、動詞の連用形、形容詞・形容動詞の語幹などに付いて、そのような様子、気配、感じなどの意を表わす。名詞に付く場合、上に促音を介することも多い。「さむけ」「いやけ」「かなけ」「くいけ」「商売っけ」「女っけ」「飾りっけ」「茶目っけ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【気】
〘接尾〙 様子の意を表わす体言「け」が、上接語と密着して濁音化したもの。体言、動詞の連用形、形容詞の語幹などに付いて、様子、けはい、などの意を表わす。
(イ) 形容動詞の語幹をつくる。形容詞、または形容詞型活用の助動詞の語幹に付く例がもっとも多く、動詞、または動詞型活用の助動詞の連用形、その他にも付く。外からみて、どうもそれらしい様子である、…の様子、いかにも…という印象をうける。「心細げ」「うつくしげ」「はずかしげ」「おわしげ」など。
※古今(905‐914)恋四・六八〇「君といへば見まれ見ずまれ富士の嶺(ね)のめづらしげなく燃ゆるわが恋〈藤原忠行〉」
※仮名草子・身の鏡(1659)上「論語とやらんに、廐焚、子退朝日、傷人乎、不馬と有げに候」
(ロ) 形容詞の語幹と同じように、接尾語「さ」を伴って名詞化することがある。この場合、「げ」の上接語は、形容詞、形容動詞の語幹など。そのような様子の意。「悲しげさ」「清げさ」など。
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「此の姫君の御さまの匂ひやかげさを思し出でられて」
(ハ) 名詞をつくる。多くは名詞、またはこれに準ずるものとして動詞の連用形に付き、形容詞の語幹にも付く。主語として、下に「なし」を述語として伴って句をなすことが多い。助詞「も」が入ることが多く、時に、否定的な意味を含む形容詞が述語になることもある。「そのような様子がない」の意。「大人げもない」「かわいげがとぼしい」など。
※竹取(9C末‐10C初)「船に乗ては楫取(かぢとり)の申す事をこそ高き山と頼め、などかく頼もしげなく申すぞ」
※枕(10C終)八七「さて雪の山、まことの越(こし)のにやあらんと見えて、消えげもなし」
[語誌](1)(イ)(ロ)は心情や価値判断などの心理関係の意味を持つ語に接続することが多く、色彩語などに接続することは少ない。傍らから思いやるさまで、自己の心情や評価を直截に表現することを避けて表現を和らげる効果を出したり、「~のように見えるが本質はそうではないのでは…」というニュアンスを伴ったりすることもある。
(2)「清げ」は「清ら」に対して一段下の美を表わすというが、これは後者の用法と関係するものであろう。また、(イ)の挙例「身の鏡」のように断定を遠慮する場合もある。現代語では「~そうだ」「らしい」に代わられるなどして、あまり使われなくなっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation