@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水かき【みずかき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

水かき
みずかき
水鳥やカエル(無尾両生類)の足指の間に張られた、皮膚のひだで形成された薄い膜をいう。特殊な哺乳(ほにゅう)類であるカモノハシの足にも水かきが発達している。水かきは遊泳、潜水など水中運動への適応のために発達した構造といえる。その発達の度合いは遊泳や潜水の必要度に対応しており、終生水中に生活するアフリカツメガエルではよく発達しているし、水鳥でも遊泳性でないシギ、サギ、ツルなどではあまり発達していない。[菊山 栄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水かき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水かきの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation