@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水上温泉郷【みなかみおんせんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水上温泉郷
みなかみおんせんきょう
群馬県北部,利根川本支流沿いに続く温泉群。本流には水上温泉を中心に上牧・大穴・谷川・湯檜曾 (ゆびそ) ・奈女沢 (なめさわ) 温泉などがあり,支流の宝川沿いには宝川温泉,楢俣 (ならまた) 川には湯ノ小屋温泉がある。谷川岳や武尊 (ほたか) 山に近く,スキー場も多い。一部は上信越高原国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水上温泉郷
みなかみおんせんきょう

群馬県北部、利根(とね)郡みなかみ町にある水上温泉(湯原(ゆばら)、小日向(おびなた)、鹿野沢(かのさわ)、大穴(おおあな)各温泉の総称)を中心に、谷川(たにがわ)、湯檜曽(ゆびそ)、宝川(たからがわ)、湯ノ小屋(ゆのこや)の各温泉を含む地域で、奥利根温泉郷ともいう。もとは山峡の湯治場であったが、1931年(昭和6)国鉄(現、JR)上越線全通後、京浜観光休養地帯の一環となり、最近は自動車道の整備により発展してきた。谷川連峰をはじめ、山と清流に恵まれ、春の新緑、夏の避暑、秋の紅葉、冬のスキーによく、つねににぎわっている。

[村木定雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水上温泉郷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水上温泉郷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation