@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水上石器時代住居跡【みなかみせっきじだいじゅうきょあと】

国指定史跡ガイド

みなかみせっきじだいじゅうきょあと【水上石器時代住居跡】

群馬県利根郡みなかみ町大穴にある住居跡。屈曲しながら南流する利根川右岸河岸段丘を北に背負った十二という小さな沢に沿って2地点にある。1935年(昭和10)に発見されたのが坂上遺構で、地下約1mから石囲いの長方形を囲み、東西1.4m、南北2mの範囲に河原石による敷き石があり、炉の南70cmには甕形(かめがた)土器が埋められていた。もう一つの遺構は沢を挟んで100mほどのところにあり、関東地方から中部地方の山岳部でさかんに作られた柄鏡(えかがみ)形敷き石住居と推定される。山地にある石器時代の住居として貴重なことから1944年(昭和19)に国の史跡に指定。2地点とも遺構は覆屋で囲まれているが、窓越しに観察できる。JR上越線水上駅から車で約5分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

水上石器時代住居跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水上石器時代住居跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation