@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水上【みなかみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水上
みなかみ
群馬県北部,みなかみ町北部の旧町域。利根川上流域を占める。 1947年町制。 2005年月夜野町,新治村と合体して,みなかみ町となる。西に谷川岳,東に至仏山南東武尊山がそびえる。水上温泉を中心とした町で,1931年上越線開通により急速に発展。ホテル,旅館などの施設が完備され,温泉,登山,スキーと四季を通じて観光・レジャー客でにぎわう。山地が広く,水資源に恵まれ,重要な電源地帯となっている。利根川上流部に矢木沢ダム,須田貝ダム,藤原ダム奈良俣ダムの4ダムが建設され,奥利根湖洞元湖,藤原湖のいわゆる奥利根三湖と,ならまた湖ができた。国指定重要文化財の旧戸部家住宅や国指定有形民俗文化財の上州藤原 (旧雲越家) の生活用具および民家,国指定史跡の水上石器時代住居跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すい‐じょう〔‐ジヤウ〕【水上】
水の上。水面。「水上交通」
水のほとり。水辺。「水上公園」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなかみ[地名]
群馬県北部、利根郡の町名利根川上流域を占める。平成17年(2005)月夜野(つきよの)町・水上町・新治(にいはる)村が合併して成立。谷川岳の登山口があり、温泉やスキー場が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐な‐かみ【水上】
《「な」は「の」のの格助詞》
水の流れてくる上の方。上流。川上。⇔水下(みなしも)
物事の起源。みなもと。
「この度法の―成れば甲斐の身延へ参り」〈虎寛狂・宗論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなかみ【水上】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みなかみ【水上】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

水上
みなかみ

群馬県北部、利根郡(とねぐん)にあった旧町名(水上町(まち))。現在は同郡みなかみ町の中央から北部を占める地域。旧水上町は1947年(昭和22)町制施行。2005年(平成17)月夜野町(つきよのまち)、新治村(にいはるむら)と合併し、みなかみ町となる。JR上越線、関越(かんえつ)自動車道、国道291号が通じる。いわゆる奥利根の地域で、利根川水系最上流の山岳地域である。大部分が森林地帯で、森林の85%は国有林、その90%がブナなどの天然林に覆われ、畑作を主とする耕地は、谷沿いに分布する程度である。利根川上流には、奥利根湖(矢木沢ダム)、ならまた湖(奈良俣ダム)、洞元湖(どうげんこ)(須田貝ダム)、藤原湖(藤原ダム)の四つの人造湖がある。1931年(昭和6)清水トンネルができ上越線が開通。町の特色は観光で、水上温泉をはじめ数か所の温泉、谷川岳(たにがわだけ)、四大人造湖などの観光資源、奥利根、大穴(おおあな)、天神平(てんじんだいら)、水上高原などのスキー場に恵まれ、京浜休養観光地帯の一つとして、四季観光やレジャーを楽しむものが多い。関越自動車道の水上インターチェンジがあり、水上駅の北2キロメートルに国指定史跡の水上石器時代住居跡がある。そのほか、国指定重要文化財の旧戸部家住宅、国指定重要有形民俗文化財の雲越家住宅などがある。

[村木定雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐じょう ‥ジャウ【水上】
〘名〙 (古くは「すいしょう」)
① 水のうえ。水の表面。水のおも。水面。
※凌雲集(814)夏日陪幸左大将藤原冬嗣閑居院応製〈滋野貞主〉「水上青蘋莫浪、君王少選愛遊魚
※羅葡日辞書(1595)「Fluito〈略〉Suixǒni(スイシャウニ)ウカム」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉八「要するに大海の水上に劃した無跡の線に過ぎない」 〔宋之問‐傷曹娘詩〕
② 水のほとり。水のそば。水辺。水際(みずぎわ)
※菅家文草(900頃)五・神泉苑三日宴、同賦煙花曲水紅「水上煙花表裏紅、流盃欲把酔顔同」 〔管子‐軽重・丁〕
③ かわかみ。みなかみ。
※武蔵野(1898)〈国木田独歩〉六「自分等は、そろそろ小金井の堤を、水上の方へとのぼり初めた」 〔史記‐淮陰侯伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みず‐あげ みづ‥【水上】
〘名〙 東北地方で盆や正月に先祖をまつる本家の仏壇を拝みに行くこと。土地によっては盆に親類をまわって仏壇を拝み盆礼をすることをいう。たなまいり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みずかみ みづかみ【水上】
〘名〙 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐な‐かみ【水上】
[1] (「な」は「の」の意)
① 水流の本の方。流れのみなもと。川上。上流。
※伊勢集(11C後)「みなかみとむべもいひけり雲ゐよりおちくるごとん見ゆる滝かな」
② 事物の源流。物事の起源。みなもと。
※謡曲・鞍馬天狗(1480頃)「かの家の水上は、清和天皇の後胤として」
[2] 群馬県北部の地名。利根川の上流域にある。水上温泉郷のほか谷川岳や藤原湖・洞元湖などがあり、スキー場も多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなかみ【水上】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation