@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水分【スイブン】

デジタル大辞泉

すい‐ぶん【水分】
成分として含まれている水の量。みずけ。
経穴の一。へその真上約2センチのところ。夜尿症・膀胱炎(ぼうこうえん)などの治療点。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

水分
 食品一般分析 (proximate analysis) で,通常は105℃で恒量になるまで乾燥し,そのに減少するを水分とする.アルコールが含まれていると,それは水分に計算されてしまうので,特別の配慮が必要.また,糖液などは別の方法で定量する必要がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みくまり【水分】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

すい‐ぶん【水分】
〘名〙
① 流れがわかれること。〔杜牧‐酔贈薜道封詩〕
② 含有する水の量。みずけ。湿気。「水分を補給する」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「田野に草木の繁茂するに従ひ、日光にて水分を游離する分量も自然に減じ」
③ 漢方で、人体の鳩尾(みずおち)の下部で、臍(へそ)のまうえ三センチメートルぐらいの所。水分の動といい、この鼓動の工合で腎虚による衰弱などが診断されたりする。〔和漢三才図会(1712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐くまり【水分】
〘名〙 (「水配り」の意)
① 山や滝から流れ出た水が種々の方向に分かれる所。水の分岐点。
※延喜式(927)祝詞(出雲板訓)「水分(ミクマリ)に坐す皇神等の前に白さく」
② 貯水を調節すること。水を配分すること。
※長塚節歌集(1917)〈長塚節〉明治三四年「うらさびてさぶしき沼の、水配(ミクマ)りの水(み)の門(と)のへより」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水分」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水分の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation