@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水利慣行【すいりかんこう】

世界大百科事典 第2版

すいりかんこう【水利慣行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

水利慣行
すいりかんこう

農業用水利用の具体的方法(取水・配水・排水の量・方法・時期など)が、近代社会以前に成立した古くからの慣習を保って存続している実態をいう。したがって、この用語には、農業用水の利用方法が、長期にわたって固定化され、不合理な点が多いという意味が含まれている。

 水利慣行の内容は、気象・地形・土質ごとに異なり、きわめて多様だが、それらをもっとも強く規定するのは、灌漑(かんがい)施設の形態である。配水慣行を例にとれば、河川灌漑では、用水はつねに流水として供給されるので、上流と下流との地域的対立の調整に用水配分の基本が置かれる。また、溜池(ためいけ)灌漑では、一定の量的限界をもつ溜池の貯留水を、いかに持続的にかつ公平・平等に配分するかが配水慣行の基本となる。

 日本の水田開発は古くから行われているが、大河川流域の沖積平野の開発が活発になるのは、鉱山技術・築城技術などと結び付いた土木技術の発達によって大河川の制御が可能になる16世紀後半から18世紀初めにかけてである。今日の水利慣行の原型はこの時期にまずつくられ、その後、たとえば上流と下流、古田と新田との間の水利紛争(水論)を通じて修正されながら、およそ18世紀後半から19世紀初めにかけて、それぞれの地域の社会的承認を受けた農業用水利用のルールとして成立した。

 水利慣行に基づく水利用の権利は、1896年(明治29)制定の旧河川法によって許可を受けたとみなされ、慣行水利権として今日まで存続している。ただし、1964年(昭和39)制定の新河川法では、これらの慣行水利権の届け出を義務づけている。1970年の建設省(現国土交通省)調査によれば、都府県河川の慣行水利権は、水利慣行の成立時期を反映して、旧河川法以前に取水を開始したものが全体の80%を占めている。

[永田恵十郎]

『喜多村俊夫著『日本灌漑水利慣行の史的研究』全2巻(総論篇1950/各論篇1973・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水利慣行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水利慣行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation