@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水平【スイヘイ】

デジタル大辞泉

すい‐へい【水平】
[名・形動]
静かな水面のように平らなこと。また、そのさま。「水平な地面」「水平にならす」
重力方向直角に交わった方向。「水平に綱を張る」
水準器水盛(みずもり)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいへい【水平】
名 ・形動 [文] ナリ 
静止した水面のように平らである・こと(さま)。
上がり下がりがないこと。傾きのないさま。 腕を-に保つ
地球の重力の方向と直角をなすこと。また、その方向。 ⇔ 鉛直
水準器の一。みずもり。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐へい【水平】
〘名〙
① 水の傾きによって物の斜度をはかる器具。水準。水ばかり。みずもり。〔通典‐兵部・水平及水戦具附〕
② 静止した水面のように表面が平らなこと。また、あがりさがりのないこと。
※舎密開宗(1837‐47)内「極て乾燥する壜管に盛り或は管に納て煮れば湿気乾浄して面乃ち水平を為す」
③ 地球の重力の方向と垂直であること。
※不思議な鏡(1912)〈森鴎外〉四「そのうち水平(スヰヘイ)に働いてゐた磁石力が、忽ち斜に下へ吸ふのを感じた」
※招魂祭一景(1921)〈川端康成〉「右肩の子は右の手脚を、左肩の子は左の手脚を、ぴんと水平に拡げると、客の拍手が起る」
④ なみ。ふつう。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「その升降ともに、各々その自己の水平に至ことを求むるなり」
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉五「マゼランが水平に明滅するの南極星の微光を其頼みとなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水平の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation