@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水戸学【みとがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水戸学
みとがく
大日本史』の編纂の過程で水戸藩に成立した学風。主として朱子学によりながらも,神道国学をも取入れ,日本史における権力の正統性の問題に強い関心を示す点に特徴がある。前,後の2期に分けられ,前期を代表するのは安積澹泊 (あさかたんぱく) ,栗山潜鋒 (せんぽう) ,三宅観瀾 (かんらん) ら 17世紀の後半に徳川光圀の周囲に集った学者で,尊王敬幕の歴史観を唱えた。後期水戸学は,藤田幽谷 (ゆうこく) ,藤田東湖会沢安 (あいざわやすし) ら 18世紀前半に藩主徳川斉昭に登用された学者によって主張され,その強烈な尊王攘夷思想によって諸藩の改革派に大きな影響を与えたが,幕末に近づくに従って急速に指導力を失い,明治の天皇制国家における国民教化政策や,その国家体制の思想支柱をなした「国家」観念などのうえには,この水戸学の顕著な影響が認められる。なお,江戸時代には水府学,天保学などとも呼ばれ,水戸学という呼称に統一されたのは明治維新後である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みと‐がく【水戸学】
江戸時代、水戸藩主徳川光圀(とくがわみつくに)の「大日本史」編纂(へんさん)にを発し、同藩で興隆した学派儒学思想を中心に、国学史学神道を結合させたもの。皇室の尊厳を説き、幕末の尊王攘夷(そんのうじょうい)運動に多大の影響を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みとがく【水戸学】
幕末における内外の危機に対応して水戸藩士の一部によって展開され,尊王攘夷の観念を打ち出すことによってその後の歴史に大きな影響を及ぼした思想。18世紀末から活躍する藤田幽谷によって基礎がおかれ,弟子会沢正志斎や子の藤田東湖らによって確立され,彼らの著作や活動,さらには彼らを重用した9代藩主徳川斉昭声望を通して,藩外にまで影響を与えた。水戸学については,2代藩主徳川光圀が17世紀後半に《大日本史》編纂事業を始めた際に基礎がおかれ(前期),幕末の危機とともに実践的政治論として展開される(後期)という広義のとらえ方のほうが一般的であったといってよい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みとがく【水戸学】
水戸徳川家の史局、彰考館に代々伝えられてきた儒学・史学を基盤に、国学・神道の要素をも包括して一九世紀前半に成立した学派。藤田幽谷からその子東湖らに継承され、天保年間(1830~1844)の藩制改革期に政治思想として発展を遂げ、幕末の尊王攘夷運動に大きな影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水戸学
みとがく
近世水戸藩に醸成された独得の学風を意味し、その名称は天保(てんぽう)時代(1830~44)から幕末にかけて、「水府(之)学」「天保学」「水戸学」などと、主として水戸藩以外の人々からよばれたもので、広く水戸学の名称が普及したのは明治以後である。水戸学の沿革については種々の説があるが、一般的なものは、2代藩主徳川光圀(みつくに)の修史事業に携わった多くの学者らの間に形成された学風を前期水戸学と称し、9代藩主徳川斉昭(なりあき)の天保期の藩政改革のなかで大成された学風を後期水戸学と称するものである。しかし体系的な独得の学風という点を重視すれば、いわゆる後期の学風を水戸学と称し、前期のそれを水戸学の淵源(えんげん)とすることになる。いずれにしても光圀による修史事業を中心に展開した学風では、歴史尊重と国体観の高揚と尊王賤覇(せんぱ)の思想などに特色がある。後期では、18世紀後半の異国船の接近にみられる西洋諸国の進出と幕藩制の動揺による内憂外患に対する危機意識が、独得の学風形成の根底にあったことは否めない。こうしたなかで水戸学大成の端緒となったのが藤田幽谷(ゆうこく)の国体論と攘夷(じょうい)思想である。それは、斉昭の天保改革を推進した藤田派の会沢正志斎(あいざわせいしさい)や藤田東湖(とうこ)らによって継承発展させられ、斉昭の名で公表された『弘道館記(こうどうかんき)』に結集されたとみられる。幕末の政治運動の支柱とされる尊王攘夷論は、この水戸学の中核をなすものと考えられる。[瀬谷義彦]
『今井宇三郎・瀬谷義彦・尾藤正英編『日本思想大系 53 水戸学』(1973・岩波書店) ▽伊東多三郎・尾藤正英・鈴木暎一編「水戸学の発展と尊王攘夷論」(『水戸市史 中巻(三)』所収・1976・水戸市役所)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みと‐がく【水戸学】
〘名〙 江戸時代、水戸藩で興隆した学風・学派。第二代藩主徳川光圀の「大日本史」の編纂によって芽生え、儒教思想を中心に国学・史学・神道を根幹とする国家意識を結合させたもの。王政復古に大きな影響を与えた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

水戸学
みとがく
江戸時代に水戸藩で『大日本史』編修事業を中心としておこった学風
前期と後期に区別される。前期は2代藩主徳川光圀 (みつくに) のもとに安積澹泊 (あさかたんぱく) ・栗山潜鋒 (くりやませんぽう) らの『大日本史』編修について大義名分を明らかにし,皇室尊崇を説いた時期。後期は徳川斉昭 (なりあき) を中心に藤田幽谷の『正名論』,藤田東湖の『弘道館記述義』,会沢正志斎の『新論』などの思想によって代表される尊王攘夷論となり,単なる歴史学から抜けだし実践的な政治運動へと展開した。しかし将軍家親類という立場からも,討幕論にまで発展せず,不徹底は免れなかった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水戸学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水戸学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation