@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水晶時計【すいしょうどけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水晶時計
すいしょうどけい
quartz chronometer
水晶発振器を利用した時計水晶発振器安定周波数を分周回路で下げて時刻信号とし,これで同期電動機を回してを動かしたり,または計数回路で計数して表示装置に示して時刻を表わす。水晶振動子恒温槽に入れるなど,特に安定化をはかったものは非常に高精度 ( 10-11 程度) で,標準時計として使用される。やや簡易な構造のものが,クォーツ時計の名でつくられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいしょう‐どけい〔スイシヤウ‐〕【水晶時計】
水晶発振器の安定した周波数を利用した時計。誤差がきわめて少なく、かつては天文台の標準時計や放送局の時報に利用。簡単なものはクオーツ時計として腕時計に利用される。電子時計

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいしょうどけい【水晶時計 quartz clock(watch)】
クォーツ時計ともいう。きわめて正確な一定周波数の電気振動を発生させる水晶発振器で運行を制御する時計。原子時計に次ぐ精度をもち,腕時計の普及品で月差15秒以内,最高級品では年差数秒である。時刻表示方式はアナログ式とディジタル式の2種類に大別されるが,その両方を複合した時計もある。主要な部分がすべて電子化されたディジタル時計では,ストップウォッチ,アラーム,カレンダー,さらにはゲームなどの付加機能をもつものも多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいしょうどけい【水晶時計】
水晶発振器によって運行を制御する精密な時計。クオーツ時計。電子時計。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水晶時計
すいしょうどけい
水晶の弾性振動と圧電効果を利用した振動子を時間標準に使用している時計。クォーツ時計ともいう。無線通信の発達過程で安定した周波数(振動数)を得るため水晶発振器、水晶振動子の研究が行われたが、1927年アメリカのマリソンWarren A. Marisonはこの水晶発振器を利用した時計を発明した。一方、1933年(昭和8)古賀逸策(いっさく)の、Rカットとよばれる振動数が温度変化に事実上影響されない振動子の発見は、安定した振動源として水晶発振器の地位確立に大きく貢献した。その後、トランジスタ、集積回路の発明などエレクトロニクスの急速な進歩によって小型化、低電力化され、1969年末にはついに水晶腕時計が市場に現れた。水晶時計は、今日では標準時計の地位をしだいに原子時計に奪われてはいるものの、高精度が容易に得られ、量産に適していることから、短期間のうちに時計製品の大半を占めるに至った。高精度のものは1日の誤差が0.001秒程度から、一般市販品は1日0.01~1秒の精度である。
 水晶時計の構造中、重要なものに水晶発振部がある。これは振動子に電圧を加え、弾性振動をおこさせ、その固有振動数の振動電圧を取り出すと同時に、その一部を増幅して振動子に戻し、その振動を継続させる働きをもつ装置である。水晶振動子は、水晶の結晶軸からの切出し方、形状、寸法によって振動数、温度特性が決まる。時計に使用されている振動数範囲は8キロヘルツ~8メガヘルツであり、これらはそのままでは利用できないので分周回路によって電子的に必要な振動数まで逓降(ていこう)する。駆動回路はこれらを波形整形、電力増幅し、電気エネルギーを機械的な運動に変える変換部の同期モーターに送る。モーターの回転は歯車によって時針、分針に伝えられる。全電子時計とよばれる、表示部に液晶または発光ダイオードを用いた時計では、分周回路と協同して、秒・分・時などの信号を得るカウンター回路、信号を解読してわかりやすい、たとえば数字の形とするデコーダー回路、およびセグメントに電圧を加えたり切ったりするドライバー回路によって時刻の表示が行われる。[元持邦之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すいしょう‐どけい スイシャウ‥【水晶時計】
〘名〙 水晶板の安定したピエゾ振動に制御されて動く精密時計。誤差は一日につき 5×10-11 秒程度で、放送局の時報などから小型の腕時計まで広く用いられている。クォーツ時計。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水晶時計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水晶時計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation