@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水木辰之助【みずきたつのすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水木辰之助
みずきたつのすけ
[生]延宝1(1673)
[没]延享2(1745)
歌舞伎俳優。元禄歌舞伎の代表的女方。水木流。『槍踊』や『唐猫』などの所作事にすぐれ,後年江戸劇壇に流行した「変化舞踊」の先駆をなす「七化け」を始めた (→変化物 ) 。「水木帽子」と呼ばれる紫ちりめんのかぶり物を案出し,一般風俗にも影響を及ぼした。当り狂言『今源氏六十帖』『水木辰之助餞振舞 (たちぶるまい) 』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みずきたつのすけ【水木辰之助】
1673‐1745(延宝1‐延享2)
歌舞伎役者。立役の名優大和屋甚兵衛のとして大坂に生まれた。幼名大和屋牛松。前名鶴川辰之助,椹(みずき)辰之助を水木辰之助(初世)と改め,引退後は大和屋宇左衛門といった。元禄期(1688‐1704)の代表的女方で,所作事に長じていた。1691年(元禄4)《娘親の敵討》で湯女(ゆな)有馬の藤役が大当りをとり,95年《今源氏六十帖》で猫となってと狂う所作が好評で,若女方上上吉の位を占める。同年《四季御所桜》での槍踊は,宝井其角によって〈煤掃や諸人がまねる槍踊〉と詠み残される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

水木辰之助
みずきたつのすけ
歌舞伎(かぶき)俳優。初世(1673―1745)が著名。大坂生まれで、歌舞伎の半道方斉藤新八の子。名優大和(やまと)屋甚兵衛の甥(おい)で、のち女婿(じょせい)となった。大和屋牛松、鶴川(つるかわ)辰之助の名を経て水木と改名。若衆方から若女方となる。『娘親の敵討』(1691)、『水木辰之助餞振舞(たちふるまい)』(1695)の湯女(ゆな)有馬のお藤で評判をとり、女方四天王の一人となる。槍踊(やりおどり)、猫の所作や、変化(へんげ)舞踊の初めともいえる『七化(ななばけ)』を上演するなど、とくに舞踊で三都に名声を得た。しかし31歳で引退した。水木帽子は彼が始めたもの。[如月青子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みずき‐たつのすけ【水木辰之助】
歌舞伎俳優。初世。大坂の人。若女方として、三都を往来し、初世芳沢あやめとともに元祿期(一六八八‐一七〇四)を代表する女方。当たり芸の槍踊りのほか、七変化の所作事を創演。人気俳優として一般風俗にも影響を与え、水木帽子、水木結びの名を残す。延宝元~延享二年(一六七三‐一七四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水木辰之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水木辰之助の関連情報

関連キーワード

北村季吟検地カロンヴィルマンカロン道具屋節野呂松遣い延宝井原西鶴検地

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation