@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水準【スイジュン】

デジタル大辞泉

すい‐じゅん【水準】
事物の一定の標準。また、価値・能力などを定めるときの標準となる程度。レベル。「技術が水準に達する」「水準を上回る成績」「生活水準が高い」
土地・建物などの高低・水平の度合いを測ること。また、その道具。水盛(みずもり)。
線路の曲線部における、左右のレールの高低差。→カント

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みずばかり【水準】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいじゅん【水準】
一定の標準。物事の価値や性能を調べるときの基準となるもの。また、世間で認められている基準。レベル。 給与-が低い 学力が-に達しない
水面の位置。陸地の高度を測る基準とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐じゅん【水準】
〘名〙
① 水を使って、土地が平らかどうかをはかる道具。みずもり。みずなわ。みずばかり。〔改正増補物理階梯(1876)〕 〔元史‐暦志一・験気〕
② 数量に関する一定標準
※羽鳥千尋(1912)〈森鴎外〉「高崎まで一里程の間の田の水準(スヰジュン)を見て、過不足があると思ふと、帰途に教へて遣る」
事物の価値、機能などの一定の標準。また、世間普通の程度。レベル。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「昂然として水準(スイジュン)以下に取り扱へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水準」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水準の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation