@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水溶液【スイヨウエキ】

デジタル大辞泉

すいよう‐えき【水溶液】
ある物質を水に溶かしたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいようえき【水溶液】
水を溶媒とする溶液。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水溶液
すいようえき
aqueous solution
水を溶媒とする溶液の総称。溶液は溶質の溶解度によって上限が示されるが、溶質が1種類のとき純溶液、複数のとき混合溶液という。水溶液は日常生活でしばしばみられるが、化学では溶質が単純な化合物の場合に水溶液といい、血液やせっけん水などは水溶液とはいわない。
 水は極性物質であるので、溶質が極性物質であるとき水溶液を形成する。溶質が無機塩であるとき、その水溶液は電導性を示す(たとえば食塩水)。ヒドロキシ基をもつ有機物質は水に溶ける(たとえばエタノール、砂糖)が電導性は低い。前者は、水中でイオンに解離するため電導性が現れるのに対し、後者は水素結合による分子の解離であるためである。水溶液の中の溶質の量を溶解度で表す。溶解度は温度により、溶解の限度は溶解度積によって定まる。水溶液の沸点は純水に比して高く(沸点上昇)、融点は低い(凝固点降下)。これらを利用して溶質の分子量を求めることができる。[下沢 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐ようえき【水溶液】
〘名〙 溶媒が水である溶液。ある物質を水に均質に溶かした液。例えば食塩水。
※舎密開宗(1837‐47)内「此に半炭酸曹達の水溶液を点滴して飽和し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水溶液」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水溶液の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation