@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水煙【スイエン】

デジタル大辞泉

すい‐えん【水煙/水×烟】
みずけむり。
塔の九輪(くりん)の上にある火炎状の装飾金具。火事連想を避け、同時に水難をおさえる意味もこめて名づけたといわれる。
中国で、タバコをのむときに使った道具。を水に通してのむ。水ギセル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みず‐けむり〔みづ‐〕【水煙】
水面に立ちのぼる霧。「湖面に水煙が立ちこめる」
水が細かく飛び散って煙のように見えるしぶき。飛沫(ひまつ)。すいえん。「滝つぼから水煙が立つ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいえん【水煙】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

みず‐けぶり みづ‥【水煙】
〘名〙 (「みずけむり」とも)
① 水面にたちこめる霧。水蒸気。水気。
※俳諧・毛吹草(1638)五「沢辺でも芹やきするか水烟(ケフリ)〈作者不知〉」
② 水が四方に細かくとび散って煙のようにみえるもの。
※狂歌・銀葉夷歌集(1679)九「水けふりたえず立しは此山の神にたむけか常香の滝」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水煙
すいえん

相輪

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水煙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水煙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation