@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水熱合成【スイネツゴウセイ】

デジタル大辞泉

すいねつ‐ごうせい〔‐ガフセイ〕【水熱合成】
高温高圧溶媒の下で化学反応を行ったり、結晶を成長させたりすること。常温常圧の水に溶けにくい物質合成などに利用される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

水熱合成
スイネツゴウセイ
hydrothermal synthesis

高温・高圧の水の存在下に物質を反応させて新物質を合成したり,結晶をより大きく成長させたりする方法.高温・高圧下での水の性質についてはまだ不明な点が多いが,常温付近のそれとはいちじるしく異なっていることは確かであり,常温で難溶性のSiO2,Al2O3などの多くの酸化物がかなり溶解したり,変成岩にみられるようにいちじるしい鉱化作用をもっている.これらの性質を応用して,
(1)不完全結晶の改良や鉄粉などの不純物の除去(水熱処理),
(2)カオリナイトベーマイト白雲母などに含まれる構造水をフッ化水溶液中で処理して,OHを F と交換する鉱物の改質(水熱変成)や,
(3)アルカリあるいは塩類の希薄水溶液と適当な培養物を入れたオートクレーブ内の低温部に種結晶をつり下げ,温度差による溶解度の差を利用して,水晶ルビー,緑柱石,オルトフェライトなどの単結晶の育成(水熱育成),
が行われている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水熱合成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水熱合成の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation