@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水玉【みずたま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水玉
みずたま
dot
文様の一種。小円形またはこれに近い形を規則的,不規則的に配列した。織り,捺染,編みなどに広く用いられる。大きさ,間隔,配列の方法により多様な意匠が展開され,などの普遍的図柄となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みず‐たま〔みづ‐〕【水玉】
水滴が玉の形に丸くなったもの。飛び散る水滴・露のしずくなど。
ガラス製の玉の中に水を入れたもの。少女のかんざしなどに用いる。 夏》
水玉模様」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すい‐ぎょく【水玉】
水晶別称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水玉
みずたま

英語のドットdots、スポットspotsにあたる。縞(しま)・格子模様などとともに、いつの時代にも、流行に関係なく使われる古典的な模様である。元来、黒地、紺地、あるいは赤地に白く玉を抜いたものが本格的な水玉模様で、白地に黒、紺、赤などの玉のものを逆玉とよんでいる。玉の大きさは、小は1ミリメートルから、大は15センチメートルに及ぶ多くの種類があるが、通常、一定の大きさの正円の玉を等間隔に配列したものを水玉模様とよんでいる。しかし、楕円(だえん)形に近い玉のもの、玉と玉との間隔や玉の大きさに変化をつけたもの、多彩色のものなど、水玉模様にはバリエーションも多い。いま、これらのうちから代表的な水玉模様をあげると次のようなものであろう。(1)ピン・ドットpin dots もっとも小さい水玉模様。針の先で穴をあけたような模様というところから、ピン・ドットとよばれる。(2)ポルカ・ドットpolka dots 中ぐらいの水玉。プリント地のほかに、織物、刺しゅうなどにも用いられる。水玉模様のなかで、もっともよく使われる形式である。(3)コンフェティー・ドットconfetti dots ポルカ・ドットとほぼ同じぐらいの大きさの水玉模様。さまざまな色の紙片(コンフェティー)を切って散らしたような多彩な水玉模様であるところに特色がある。(4)コイン・ドットcoin dots 硬貨(コイン)を並べたような大きい玉の模様。プリント地に多い。(5)ドミノ・スポットdomino spots ドミノ遊びの牌(はい)を模様としたもの。配列に変化のある形式の水玉模様。(6)ダブル・ドットdouble dots 玉が重なった形式の水玉模様。(7)ダルマチアン・スポットDalmatian spots ダルマチア犬の毛並みのような、白地に大小の黒い玉を配したもの。

村元雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

水玉 (スイギョク)
植物。ホテイアオイの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水玉 (ミズタマ)
植物。サトイモ科の多年草,園芸植物,薬用植物。カラスビシャクの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水玉 (ミズタマ)
植物。ホシクサ科の一年草。ホシクサの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐ぎょく【水玉】
〘名〙
※延喜式(927)三「鎮新宮地祭。金。銀各五両。銅。鉄各五十斤。水玉五十枚。絹五疋」 〔司馬相如‐上林賦〕
② 水のあわ。みずたま。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みず‐たま みづ‥【水玉】
〘名〙
① 水が玉のように砕けて飛び散るもの。また、水滴が物について玉の形になっているもの。露の玉。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・天神記(1714)二「さっと乱れて散るは、水玉水のあは」
② 水の球形の泡。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「石鹸の水より湧起する泡沫(〈注〉ミヅタマ)の五色燦爛なるを見て」
③ ガラス製の玉の中に水を入れたもの。女児のかんざしなどに用いる。《季・夏》 〔御慰金玉見立相撲(1830‐44)〕
④ 水晶。〔多識編(1631)〕
⑥ 「みずたまもよう(水玉模様)」の略。〔図解服飾事典(1955)〕
⑧ 植物「ほしくさ(星草)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水玉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水玉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation