@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水産庁【すいさんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水産庁
すいさんちょう
国家行政組織法 (昭和 23年法律 120号) および農林省設置法 (昭和 24年法律 153号) に基づいて,農林省 (→農林水産省 ) の外局として設けられた行政機関。 1948年設置。 2003年現在の準拠法は農林水産省設置法 (平成 11年法律 98号) 。水産資源の保護と開発促進,漁業調整水産物の生産,流通および消費の増進,改善,調整その他水産業の発達改善に関する事務を司る。水産政策審議会,地方支分部局として漁業調整事務所が置かれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいさん‐ちょう〔‐チヤウ〕【水産庁】
農林水産省の外局の一。水産資源の保護および開発促進、漁業調整、水産物の生産・流通、その他水産業の発達・改善などに関する事務を行う。昭和23年(1948)農林省水産局を改組して設置。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいさんちょう【水産庁】
食糧庁,林野庁と並ぶ農林水産省の外局の一つであり,遠洋漁業,沖合漁業,沿岸漁業内水面漁業を通ずる日本水産行政の責任官庁。その任務は,水産資源の保護培養および開発促進,漁業調整,水産物の生産・流通・消費の増進,改善および調整,その他水産業の発達改善に関する事務一般を担当することである。長官次長の下に,漁政部,振興部,海洋漁業部,漁港部,研究部の5部が置かれている。また,付属機関として,水産研究所,養殖研究所,水産工学研究所等が,審議会等として中央漁業調整審議会等が置かれ,地方支分部局としては,全国6ヵ所に漁業調整事務所が置かれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいさんちょう【水産庁】
農林水産省の外局の一。水産資源の保護や開発、漁業調整、水産物の生産・流通など水産業に関する行政事務を取り扱う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水産庁
すいさんちょう
林野庁と並ぶ農林水産省の外局の一つ。長は水産庁長官であり、1名の次長がこれを助け庁務を整理する。主たる任務は、水産資源の保護培養および開発促進、漁業調整、水産物の生産・流通および消費の増進・改善および調整、その他水産業の発達改善に関する事務を行うことである。内部部局として、漁政部、資源管理部、増殖推進部、漁港漁場整備部の4部がある。審議会として水産政策審議会があり、地方支分部局(出先機関)として全国6か所に漁業調整事務所が置かれる。施設等機関として水産研究所(養殖研究所、水産工学研究所を含む)があったが、2001年(平成13)の中央省庁再編に伴い、独立行政法人水産総合研究センターが設置され、同センターが本部として全国の水産研究所を統轄、各水産研究所も独立行政法人となった。また、水産庁が所管していた独立行政法人には、ほかに水産大学校、さけ・ます資源管理センターがあったが、前者は2016年に水産総合研究センターと統合して水産研究・教育機構となり、後者は2006年に水産総合研究センターと総合して、さけますセンターとなり、2011年に水産総合研究センター北海道区水産研究所と統合。2016年には前者と同様、水産研究・教育機構の組織の一つとなった。[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すいさん‐ちょう ‥チャウ【水産庁】
〘名〙 農林水産省の外局の一つ。水産業の振興、水産物の増産を図るための行政事務をつかさどる。昭和二三年(一九四八)創設。
※河口にて(1960)〈北杜夫〉「この船は水産庁の漁業調査舟船で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水産庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水産庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation