@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水蒸気蒸留【すいじょうきじょうりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水蒸気蒸留
すいじょうきじょうりゅう
steam distillation
沸点が高く水にほとんど溶けない有機化合物水蒸気を吹込み,水蒸気とともにその化合物留出させる方法。水とのように互いにほとんど溶け合わないものの混合物を熱すると,それぞれの物質単独に熱せられたときと同じ蒸気圧を示すので,水蒸気圧と有機化合物の蒸気圧の大気圧と等しくなると両物質は留出する。したがって,その有機化合物を沸点よりも低い温度で水とともに留出することができる。この方法は,普通の蒸留法では分解するおそれのある有機物や,沸点より低温でもかなり高い蒸気圧をもつ有機化合物などの分離精製に利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいじょうき‐じょうりゅう〔‐ジヨウリウ〕【水蒸気蒸留】
水蒸気を物質中に吹き込んで揮発成分を水蒸気とともに蒸留する方法。水と混和しない物質の場合、目的とする物質の沸点よりも低い温度で留出することができる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

水蒸気蒸留
 水蒸気を吹き込んで,それと一緒に蒸留する方法で,沸点の高いものでも沸点より低い温度で留出させることができる長所がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいじょうきじょうりゅう【水蒸気蒸留 steam distillation】
水への溶解度が小さい物質(たとえば油類)を蒸留精製する際に水を加えたり水蒸気を吹きこんだりして行う蒸留法。互いに不溶解な二つの物質の混合物の蒸気圧は,それぞれの物質の蒸気圧の和に等しいので,水に溶けない物質に水を加えて加熱すると,その物質の蒸気圧と水の蒸気圧との和が大気圧に等しくなると沸騰することになり,その物質の沸点より低い温度で沸騰する。したがって,大気圧下で蒸留すると分解したり合したりする物質も,水蒸気蒸留によれば低い温度で蒸留できることになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

水蒸気蒸留
すいじょうきじょうりゅう
steam distillation

沸点の高い物質に水蒸気を吹き込んで、その沸点よりも低い温度で留出させる蒸留法。普通の蒸留では分解してしまう物質や、沸点が高すぎる物質の蒸留は、減圧蒸留を用いればよいが、高沸点成分の分圧を減少させるため水蒸気を吹き込んで蒸留すれば、高沸点成分と水の蒸気圧の和が全圧となるため、大気圧下で通常の沸点以下の温度で蒸留ができる。これを水蒸気蒸留という。蒸留装置の塔頂製品が水に不溶な油類ならば、水と2液相を形成するので水を簡単に分離できる。

 水蒸気蒸留は多くの場合、減圧蒸留より高価につくため、減圧が不便または小規模な回分蒸留でよく用いられる。この場合は、蒸留缶の沸騰液に直接水蒸気を吹き込んで行う回分蒸留である。

[早川豊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

水蒸気蒸留
スイジョウキジョウリュウ
steam distillation

液体中に水蒸気を通じながら行う蒸留.一般に,互いに溶け合わない2液の混合物を加熱するとき,両者の蒸気圧の合計が外圧と等しくなったときに両者が同時に蒸留される.したがって,その液体単独のときよりも低い温度で液体の留出が起こる.比較的沸点の高い,水と溶け合わない有機化合物の蒸留にしばしば用いられる.相互溶解性を低下させるために,水溶性塩を加えることもある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水蒸気蒸留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水蒸気蒸留の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation