@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水銀温度計【すいぎんおんどけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水銀温度計
すいぎんおんどけい
mercury thermometer
水銀の熱膨張を利用した液体温度計の1種。水銀は純粋にしやすく,ガラス管を濡らさず,他の液体に比べてが伝導しやすいので応答が速く,膨張係数の温度変化が小さく,しかも液体である温度範囲 (沸点 357℃,融点-37℃) が広いので,使用液として最適である。普通は測温範囲が 300~-30℃であるが,石英ガラス製で,窒素または炭酸ガス入してあり,750℃まで測定できる高温用の温度計もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいぎん‐おんどけい〔‐ヲンドケイ〕【水銀温度計】
細管とからなるガラス管に水銀を入れ、水銀の熱膨張を利用して温度を測る温度計。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいぎんおんどけい【水銀温度計】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

水銀温度計
すいぎんおんどけい

水銀がガラスに比べて熱膨張率が大きいことを利用した温度計で、正確には水銀封入ガラス製温度計とよばれる。簡便で正確な実用温度計として18世紀以来今日まで幅広く用いられている。一端が球部となったガラス製細管の途中まで水銀を満たし、残りの空間を真空にして他端を封じた本体と、水銀柱の先端の位置によって温度値を知るための目盛り板とから構成される。安定で均質なガラスでつくり正確な標準温度によって目盛りづけされた精密級のものでは、常温付近の測定において0.02℃程度の正確さが得られる。目的、用途に応じていろいろな型式のものがつくられているが、なかでも最高温度計(測定期間中の最高温度を示す温度計)の一種である水銀体温計がもっとも数多く用いられている。

[三井清人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すいぎん‐おんどけい ‥ヲンドケイ【水銀温度計】
〘名〙 水銀の熱膨張を利用した液体温度計。細管と溜りからなるガラス管に水銀を封入し、水銀の膨張を細管内の水銀面の位置の目盛りで読みとるようにしたもの。水銀寒暖計。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

水銀温度計
スイギンオンドケイ
mercury thermometer

水銀の熱膨張を利用した液体温度計の一種.-38~360 ℃ の範囲が測れるものが市販されている.目盛は1/100 ℃,1/10 ℃,1/2 ℃,1 ℃,10 ℃ など種類が多い.毛管の形状には肉厚な一重のものと,肉薄で二重のものとがある.水銀温度計の目盛は取り扱い方によっては,ずれることが起こる.高い温度から急冷すると,水銀だめのガラス部分が十分収縮しないため,目盛のずれとなって現れる.たとえば,氷点を測っても0 ℃ を示さず,の目盛を示す.これを温度計の零点降下という.零点降下の小さいガラスほど温度計用ガラスに適している(たとえば,エナガラス 59石英ガラス).石英ガラスは軟化しにくいので,700 ℃ までのものもつくられている.水銀は-38 ℃ で固化するので,それ以下の温度を測るものには水銀中にタリウムを溶かしたもので-60 ℃ までのものが市販されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水銀温度計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水銀温度計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation