@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

水雲【スイウン】

デジタル大辞泉

すい‐うん【水雲】
水と雲。転じて、大自然。雲水。
流れる水や行く雲のように漂泊し、行脚(あんぎゃ)すること。また、その僧。雲水。「水雲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もずく〔もづく〕【水雲/海蘊】
モズク科の褐藻。静かな内湾のホンダワラ類に着生し、春から初夏にかけ繁茂。茶色で柔らかく、糸状で、よく分枝して房のように見え、ぬるぬるしている。酢の物にして賞味。もぞく。もくず。もぞこ。 春》「汐鳴のこひしさに買ふ―かな/青畝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

水雲 (モズク・モゾク;モゾコ)
学名:Nemacystus decipiens
植物。モズク科の褐藻

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐うん【水雲】
〘名〙
① 水と雲。雲水。また転じて、大自然。
※空華集(1359‐68頃)一九・一無二住清見江湖疏「放開線路、且聴水雲往来」 〔王昌齢‐巴陵送李十二詩〕
② 水や雲のようにとどまることなく行脚(あんぎゃ)すること。また、行脚の僧。雲水。
※東海一漚集(1375頃)二・江湖請大喜住浄玅疏「水雲生計、久錬精比神丹
※俳諧・鹿島紀行(1687)「ともなふ人ふたり、浪客の士ひとり、ひとりは水雲の僧」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水雲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水雲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation