@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

氷床【ひょうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

氷床
ひょうしょう
ice sheet
広さによって内陸氷大陸氷河ともいう。基盤に起伏があっても広地域にわたって陸地全体をおおう氷河。表面はドーム状をなす。南極氷床がこの好例で,グリーンランドにもある。氷河時代の氷床としてはスカンジナビア半島の氷床,北アメリカのローレンシア氷床などが著名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひょう‐しょう〔‐シヤウ〕【氷床】
大陸の全体を広く覆って発達する氷河。現在は南極大陸グリーンランドにだけみられ、厚さ1000メートル以上ある。内陸高所から海岸へゆっくり移動し、末端氷山ができる。大陸氷河。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうしょう【氷床 ice sheet】
山岳氷河とは対照的に,平坦で広大な大陸を覆って形成されている氷河を指す。大陸氷河とも呼ぶ。現存するものは南極氷床とグリーンランド氷床のみであるが,氷期には,たとえば北アメリカ大陸北部にローレンタイドLaurentide氷床が,北西ヨーロッパにスカンジナビア氷床が存在していた。南極氷床では厚さが4000mにも達し(平均では約2500m),中央部から海岸へ流動が起こり,氷山となって海へ流出している。第四紀の氷床の消長広域にわたって太陽光線を反射し,アルベド(反射能)の変化を引き起こすため,周辺地域の気候変化に大きな影響を及ぼしてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ひょう‐しょう ‥シャウ【氷床】
① 広大な地域にわたって発達する氷河。南極大陸・グリーンランドにみられ、厚さは一〇〇〇メートル以上。陸地の地形にかかわらず氷が低地部をうめて、全体として氷原をなす。徐々に海岸に向かって移動し、末端は氷山となる。大陸氷河。内陸氷河。
② 雪に覆われて凍った地面。また、はりつめた氷に覆われた地面。〔庾信‐寒園即目詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷床」の用語解説はコトバンクが提供しています。

氷床の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation